司馬亮

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

司馬 亮(しば りょう、? - 291年)は、西晋皇族八王の乱の八王の1人。子翼司馬懿の第3子(或いは第4子とも)。生母は伏夫人で、司馬伷の同母兄。また、司馬師司馬昭の異母弟、司馬幹の異母兄に当たる。諡号文成王

生涯[編集]

若い頃はの東中郎将などを歴任した。甥の武帝(司馬炎)が魏を滅ぼして帝位に即くと扶風王に封じられ、277年8月汝南王に移った。その信頼は絶大で、太尉・録尚書事・領太子太傅となった。

武帝が病床につくと皇后楊氏の父楊駿から排斥され、大司馬・仮黄鉞・大都督・督予州諸軍事として許昌に赴任する事になった。290年4月、武帝は司馬亮がまだ出発前だったので楊駿と共に皇太子の司馬衷(後の恵帝)の後見役を遺託しようとした。しかし楊駿が詔を中書監に留める内に武帝が崩御、司馬亮は楊駿が自分を討ち取ろうしている事を察知して、大司馬門外から哀悼して、夜に許昌へ向かい危機を逃れた。

恵帝が即位すると楊駿は全権を掌握し、司馬氏の王公から怨まれた。殿中中朗の孟観李肇及び皇后賈南風とその腹心董猛は結託し、李肇が賈南風から楊駿を誅殺する命令を届けると司馬亮は了承した。恵帝の異母弟で荊州都督の司馬瑋にも李肇を派遣、同意した司馬瑋は291年2月洛陽に戻り、3月に孟観と李肇が夜に恵帝から詔書を出させると、楊駿を初めとする楊一族は皆殺しにされた。こうして楊一族が誅滅されると、司馬亮は名誉職である太宰に任命され、太保衛瓘と共に輔政の任に就いた。そして衛将軍・領北軍中候に楚王・司馬瑋が就いた。

宗室の長老である司馬亮は、衛瓘と相談の上、司馬瑋の軍権を剥奪し、「封地の楚に戻るべし」との命を出し、これを聞いた司馬瑋は逆上した。6月、司馬瑋の部下から司馬亮と衛瓘が誣告されると、2人を嫌悪していた賈南風は我が事成れりと判断し恵帝に「太宰、太保の長老は謀反を企んでおります。直ちに楚王に命じて、討伐すべきです」と上奏、恵帝は妻の言いなりのままに司馬瑋に詔を下した。司馬瑋は直ちに軍隊を動かし、司馬亮と衛瓘を討伐した。司馬亮の長史劉準は「これは陰謀です、戦うべきです」と言ったが抵抗せず、李肇に捕らえられ「私の忠心を破って、この無道を天下に示せ」と嘆いた。誰も手を出そうとしなかったが、司馬瑋が「司馬亮を斬れば恩賞を出す」と言うと、兵士達に惨殺された。これをきっかけに、八王の乱という大規模な内乱に発展していった。

なお、父の好敵手とされる蜀漢丞相諸葛亮と同じ名だが、227年生まれの同母弟がいることから少なくとも諸葛亮の北伐以前の誕生となる。

宗室[編集]

[編集]