ウァレンティヌス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ウァレンティヌス(Valentinus, ? - 269年2月14日?)、あるいはヴァレンタイン (Valentine) は、3世紀頃のキリスト教聖職者正教会カトリック教会聖公会・一部ルーテル教会聖人とされている。

カトリック教会においては1969年までは2月14日を聖ウァレンティヌスの殉教の日としていたが、第2バチカン公会議1969年の典礼改革で、史実上の実在が明らかでない聖人たちは整理され、現在カトリック聖人暦に彼の日(St. Valentine's Day)はない(但し、崇敬されなくなった訳では無い)。

西ヨーロッパ西方教会においてはこの聖人への崇敬が基になってバレンタインデーの習慣が定着したが、東方教会には恋人とウァレンティヌスを結びつける習慣は生まれなかった。記念日・記憶日なども正教会とカトリック教会とでは異なっている。

カトリック教会における聖人像[編集]

この聖人の実像ははっきりしない。カトリック教会においては、カトリック百科事典によれば次の3人の像が重なっていると見られている。

  1. ローマ司祭
  2. インテラムナ(現在イタリアテルニ)の司教主教
  3. ローマ帝国アフリカ殉教者(致命者

3については分かっていないが、1と2の2人はいずれも3世紀後半に殉教したと見られている。 一説によれば、269年2月14日キリスト教の信仰を捨てなかったために絞首刑に処せられたという。 彼についてのエピソードには、次のようなものが伝えられている。

  • ローマ皇帝クラウディウス2世は戦士の士気の低下をおそれて兵士たちの結婚を禁止した。ウァレンティヌスはこの禁令に背いて恋人たちの結婚式を執り行ったために捕らえられ処刑された。
  • また彼は、結婚したばかりのカップルに自分の庭から摘んできたばかりの花を贈った。
  • 監獄に居たとき、看守の召使の娘は目が見えなかったが、監獄の彼を訪れては説教を聞いていた。あるとき娘の目が見えるようになった。この奇跡を信じた彼女の家族がキリスト教に転向したため、皇帝は怒って彼を処刑した。処刑の前日に彼がこの娘に宛てた手紙は「あなたのヴァレンタインより」と署名されていた。

バレンタインデー[編集]

ウァレンティヌスは、恋人たちの守護聖人として信仰されてきた。また彼の殉教の日、2月14日は彼の名をとって、バレンタインデーとされている。ウァレンティヌスの日が祝われたのは496年からとも言われているが、これらのエピソードが語られ始めたのは中世のことである。起源はよく分からないが、14世紀から15世紀フランス語英語で書かれた詩や文学に聖ヴァレンタインの日と恋人たちが関係付けられて登場する。

西方教会における遺骸[編集]

聖ワレンティヌスの遺骸を納めていると主張している教会は、少なくとも7つある。

  1. アイルランドダブリンにあるホワイトフライヤー通りカルメル会教会
  2. フランスガール県ロックモールにある教会
  3. オーストリアウィーンにあるシュテファン寺院
  4. スコットランドグラスゴーにある Blessed St. John Duns Scotus教会
  5. ドイツバイエルン州ギュンツブルク郡 (Landkreis) クルムバッハにある聖ミヒャエル聖堂教会
  6. マルタのバルザンにある教会
  7. ポーランドクヤヴィ=ポモージェ県 (Województwo kujawsko-pomorskie) ヘウムノ (Chełmno) にある「聖母マリアの被昇天教会[1][2]

現在カトリックで公式には彼の日は祝われていないが、これらの教会では現在も典礼が続けられている。またイタリアテルニ守護聖人として、この地の聖ヴァレンティーノ教会で2月14日が祝われている。

正教会における聖ワレンティン(ウァレンティヌス)[編集]

正教会では、3世紀致命(殉教)した2名の聖職者であった聖ワレンティン[1](ウァレンティヌス)が記憶されているが、記憶日は2月14日ではなく、7月ないし8月である。

また、3世紀に致命した聖ワレンティンはもう1名いるが、彼は聖職者ではなく、現代のブルガリアにおける兵士であった。記憶日は4月24日(ユリウス暦を使う正教会では5月7日に相当)[4]

いずれの聖ワレンティンについても、西欧に起源を持つ、恋人と関連付ける習慣は、正教会では特に行われない。

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]