ウァレンティヌス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ウァレンティヌス(Valentinus, ? - 269年2月14日?)、あるいはヴァレンタイン (Valentine) は、3世紀頃のキリスト教聖職者正教会カトリック教会聖公会・一部ルーテル教会聖人とされている。5世紀から15世紀までの千年間ウァレンティヌスは恋人達とは無関係の聖人であったが、15世紀のジェフリー・チョーサーが恋人とバレンタインデーを結びつけて以降恋人達の守護聖人のように語られる。

カトリック教会においては1969年までは2月14日を聖ウァレンティヌスの殉教の日としていたが、第2バチカン公会議1969年の典礼改革で、史実上の実在が明らかでない聖人たちは整理され、現在カトリック聖人暦に彼の日(St. Valentine's Day)はない。

西ヨーロッパ西方教会においてはこの聖人への崇敬が基になってバレンタインデーの習慣が定着したが、東方教会には恋人とウァレンティヌスを結びつける習慣は生まれなかった。記念日・記憶日なども正教会とカトリック教会とでは異なっている。

カトリック教会における聖人像[編集]

この聖人の実像ははっきりしない。カトリック教会においては、カトリック百科事典によれば次の3人の像が重なっていると見られている。

  1. ローマ司祭
  2. インテラムナ(現在イタリアテルニ)の司教主教
  3. ローマ帝国アフリカ殉教者(致命者

3については全くわかっておらず、1と2の2人はいずれも3世紀後半に殉教したと伝えられているものの名前以外に何をしたかなどの記録は残っていない。 5世紀のキリスト教徒の書によれば、269年2月14日キリスト教の信仰を捨てなかったために絞首刑に処せられたと主張している。

しかし、ウァレンティヌスがいたとされる3-4世紀のキリスト教徒が残した殉教者リストに2月14日に殉教したウァレンティヌスの存在は書かれておらず、5世紀に入るまでキリスト教徒がバレンタインを信仰した、バレンタインデーを祝っていたという記録はない。

5世紀に入ると、3世紀に殉教したバレンタインという存在が出現し、殉教の日を2月14日と決めバレンタインデーとした。2月初旬から中旬に行われていた土着の祭りの意味をキリスト由来に変える狙いがあったとされている。

5-15世紀までは恋人とは全く無関係の聖人であり、てんかんなどと結びつけて信仰されていた。[1]

15世紀に入り、ジェフリー・チョーサーが恋人とバレンタインを結びつけ、恋人達の聖人に変化させた。これ以前にバレンタインに恋人やロマン、愛のカードが関わる文献は存在しない。

教会関係者や歴史家によって、これらの経緯が明らかになったため、存在が怪しいとして聖人からは除外されている。 また異教の祭り由来とあやふやな聖人像ゆえに、バレンタインデーをキリスト教から完全分離するよう訴える宗派や教会関係者、教会史研究家も少なからず存在する。[2]

エピソード[編集]

彼についてのエピソードは「ウァレンティヌスの実話」として広く世に知れ渡っている。


  • ローマ皇帝クラウディウス2世は戦士の士気の低下をおそれて兵士たちの結婚を禁止した。ウァレンティヌスはこの禁令に背いて恋人たちの結婚式を執り行ったために捕らえられ処刑された。
  • また彼は、結婚したばかりのカップルに自分の庭から摘んできたばかりの花を贈った。
  • 監獄に居たとき、看守の召使の娘は目が見えなかったが、監獄の彼を訪れては説教を聞いていた。あるとき娘の目が見えるようになった。この奇跡を信じた彼女の家族がキリスト教に転向したため、皇帝は怒って彼を処刑した。処刑の前日に彼がこの娘に宛てた手紙は「あなたのヴァレンタインより」と署名されていた。


上記の話に歴史的根拠はない。

初期のウァレンティヌスは恋人とは無関係な聖人で5世紀から15世紀には恋人とウァレンティヌスを結びつけた話や文献は存在しないにも関わらず、15世紀のジェフリー・チョーサー以降、ウァレンティヌスは恋人達の聖人へと性質を変えられてしまう。ウァレンティヌスが昔から恋人達の聖人のように書かれている物語は全て15世紀以降の創作である。

なおこの物語の悪役に設定されているクラウディウス2世は結婚もキリスト教も禁止してはおらず、宗教には概ね寛仁であり、研究が進んだ現代においても賢帝に分類される。彼の死後、キリスト教徒も政治手腕を褒めている。 この事実が明確化されてからは、処刑の年が270~273年に、処刑する役がアウレリアヌスや、名前を提示せず単にローマ皇帝と変更されている場合がある。


ウァレンティヌスの逸話は13世紀に書かれたレゲンダ・アウレア、15世紀のニュルンベルク年代記、18世紀のアルバン・バトラー聖人たちの生涯の三冊によって成型された。 レゲンダ・アウレアに関しては元になったと思われる別の民話の主人公をバレンタインに変更したものであるため、バレンタインが皇帝を説得し改心させたが殉教伝説に合わせるため最後は改心させたはずの皇帝に処刑されるというちぐはぐな話となっている。[3]

バレンタインデーカード 1850年
バレンタインデーカード 1910年

バレンタインが少女にカードを贈るエピソードも多くの疑問点が残る。

古代のローマでは、手紙を書く紙もインクも高額で庶民が買えるものではなかった。手紙を送るのにも何人もの人づてになるため、距離により元の値段の何倍何十倍もの料金がかかる。清貧を第一とした初期のキリスト教徒としてもありえない行為をウァレンティヌスにさせてしまっており、ローマ文化と古代キリスト教徒に疎い人物によって書かれた事が窺い知れる。ウァレンティヌスはラテン語を使用しているはずだが、「From Your Valentine(あなたのバレンタインより)」に該当するラテン語はない。

識字率が10-30%のローマの、つい最近目が見えるようになった少女に、多額の金銭を使い手紙を送るというのも、聖人らしからぬ行為といえよう。[4] 多額の金銭は他の貧しいものに与え、弟子に伝言を頼めば、物語としての破綻は取り除かれるが、そうできなかった背景には、バレンタインデーカードの存在がある。

イギリスの出版社が、若い恋人達に向けバレンタインカードを発売する際に、バレンタインが少女に手紙(カード)を贈る物語を宣伝に添えて売り出した所、イギリス中でペーパーバレンタインが空前のヒットとなった。 当時のイギリスの平均収入を考えれば、カードと郵送料は高価であったが、大量生産に切り替えねば、需要に供給が追いつかないほど商業的に成功を収めた。 この物語とバレンタインカードが当時の英国の出版社、郵便会社、文具店の経済に大きな貢献を果たした。 バレンタインのエピソードを使用したメディア戦略により、イギリスではバレンタインカードの贈りあう習慣が定着し、カード自体の美しさから米国にも輸出されるようになる。

英語圏では一番有名なエピソードゆえに多くの研究家によって検証が進められたが、この話は史実ではなく近代に作られたものと結論付けられている。[5]


バレンタインデー[編集]

ウァレンティヌスは当初はてんかんの聖人であり、15世紀から恋人たちの守護聖人として信仰されてきた。 5世紀のキリスト教書物が殉教日だと主張する2月14日は彼の名をとって、バレンタインデーとされている。

ウァレンティヌスの日が祝われたのは496年からとも言われているが、これらのバレンタインと恋人のエピソードが語られ始めたのは15世紀で、イギリス人翻訳家・詩人ジェフリー・チョーサーの詩を発表した事からハルトマン・シェーデル、アルバン・バトラーらが次々と恋人とバレンタインの話を発表し、ウァレンティヌスとバレンタインデーは急速に恋人の聖人と祭日しての色を強める。 世に広く知れ渡っているエピソードのほとんどはこの時代に出来上がったものである。

事実、各聖人の伝説をまとめた書籍、『レゲンダ・アウレア』(13世紀ジェノヴァ)に収録されたウァレンティヌス伝説では恋人のエピソードは一切語られていない。


西方教会における遺骸[編集]

聖ウァレンティヌスの遺骸を納めていると主張している教会は、少なくとも7つある。 これらの教会は各々別の起源を主張しているため、教会同士での起源と遺骸の正当性について論争が続いている。

ウァレンティヌスの発祥の地イタリアテルニでは、ウァレンティヌスは175年に生まれ、273年、ウァレンティヌス98歳の2月にアウレリアヌスに処刑されたとしている。[6]

  1. アイルランドダブリンにあるホワイトフライヤー通りカルメル会教会
  2. フランスガール県ロックモールにある教会
  3. オーストリアウィーンにあるシュテファン寺院
  4. スコットランドグラスゴーにある Blessed St. John Duns Scotus教会
  5. ドイツバイエルン州ギュンツブルク郡 (Landkreis) クルムバッハにある聖ミヒャエル聖堂教会
  6. マルタのバルザンにある教会
  7. ポーランドクヤヴィ=ポモージェ県 (Województwo kujawsko-pomorskie) ヘウムノ (Chełmno) にある「聖母マリアの被昇天教会[1][2]

米国にはペンシルバニア州とシカゴに聖ヴァレンタイン教会がある。日本には原宿セント・ヴァレンタイン教会がある。

正教会における聖ワレンティン(ウァレンティヌス)[編集]

正教会では、3世紀致命(殉教)した2名の聖職者であった聖ワレンティン[7](ウァレンティヌス)が記憶されているが、記憶日は2月14日ではなく、7月ないし8月である。

また、3世紀に致命した聖ワレンティンはもう1名いるが、彼は聖職者ではなく、現代のブルガリアにおける兵士であった。記憶日は4月24日(ユリウス暦を使う正教会では5月7日に相当)[10]

いずれの聖ワレンティンについても、西欧に起源を持つ、恋人と関連付ける習慣は、正教会では特に行われない。

脚注[編集]

  1. ^ St Valentine and others - patron saints of epilepsy
  2. ^ [The Truth Behind St. Valentine’s Day ]キリスト教徒はバレンタインデーを祝わないでください。
  3. ^ Henry Kelly, Chaucer and the cult of Saint Valentine, pg. 49
  4. ^ [Ancient Literacies The Culture of Reading in Greece and Rome]
  5. ^ Charles Panati (1987). Extraordinary origins of everyday things. p.57. Perennial Library, 1987
  6. ^ http://www.diocesi.terni.it/varie/main.php?cat_id=403&id_dett=156 saint valentine
  7. ^ 教会スラヴ語表記:Валентинの、日本正教会による転写
  8. ^ Martyr Valentinus the Presbyter and those with him at Rome - アメリカ正教会のページ。
  9. ^ Hieromartyr Valentine the Bishop of Interamna, Terni in Italy - アメリカ正教会のページ。
  10. ^ Martyr Valentine in Moesia, Bulgaria - アメリカ正教会のページ。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]