浦間茶臼山古墳

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
浦間茶臼山古墳
Urama Chausuyama Kofun air.jpg
全景
国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成
位置 北緯34度42分36.2秒
東経134度4分1.3秒
所在地 岡山県岡山市東区浦間
形状 前方後円墳
規模 墳長138m
前方長61m
後円部径81m
後円部高13.8m
築造年代 3世紀末
埋葬施設 竪穴式石室
出土品 埴輪・細線式獣帯鏡片・銅鏃・鉄鏃・鉄刀・鉄剣・鉄のみ・鉄斧・ヤス等
史跡指定 国の史跡
テンプレートを表示

浦間茶臼山古墳(うらまちゃうすやまこふん)は、岡山県岡山市東区浦間にある古墳。形状は前方後円墳である。国の史跡に指定されている[1]

概要[編集]

古墳時代前期の3世紀末に築造されたと考えられている。古代吉備最古の大型前方後円墳の一つである。全長は約138mで、前方部は長さ約61m、後円部は径約81m・高さ約13.8m。前方部は畑として開墾され、現在はが植えられて公園となっている。後円部は竹藪と北側に墓地がある。古墳の東側と南側には住宅団地が迫っている。古墳は本来の姿から変形しており規模は推測の域を出ない。前方部が北東を向き頂部は後円部頂部より約4m低くなっている。前方後円墳としては最古の形式であり、奈良県桜井市にある箸墓古墳の約二分の一の規模で形が酷似しているとの指摘もある。

後円部は3段となっていることが確認できる。頂部は平坦であり中央に乱掘坑が残っている。前方部は前述のように畑として削平されているため何段になっていたのか不明である。墳丘には角礫による葺石が確認されており、都月型円筒埴輪[2]の破片が採取されている。

1988年近藤義郎を団長に発掘調査が行われた。後円部の乱掘坑を掘り下げると、深さ2.5mの位置に板状の安山岩[3]を積み重ねた内法の長さ7m・幅1.2mの竪穴式石室が検出された。石室の上部は破損していた。赤色顔料が含まれた粘土が敷かれた床部から、割竹形木棺が納められていたと推測されている。明治時代盗掘され副葬品は概ね持ち去られていた。しかし、細線式獣帯鏡片、銅鏃・鉄鏃鉄刀鉄剣など武器類、鋤先など農具類、鉄のみ・鉄など工具類、ヤスなど漁具類が出土した。

前方部の南東に陪塚と思われる大型の円墳があったが宅地造成の際に破壊されている。

画像[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 昭和49年(1974年)11月25日指定
  2. ^ 最古様式の円筒形埴輪で直線と曲線の特徴的な模様が描かれている
  3. ^ 石材は香川県北部または備讃瀬戸の島から採取されたと推測されている(出典『吉備の古墳 上〔備前・美作〕』)

参考文献[編集]

  • 乗岡実・行田裕美/編 近藤義郎/編集協力 『吉備の古墳 上〔備前・美作〕 -吉備考古ライブラリィ4-』 吉備人出版/刊 1996年 38-41ページ
  • 現地説明板 2001年3月 岡山市教育委員会/設置

関連項目[編集]