盗掘

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

盗掘(とうくつ)とは一般に、正当な権利がないにもかかわらず土地(私有地・公有地を問わず)を掘削し、そこから得られた財物(埋蔵物、動植物など)を窃取する行為である。

概要[編集]

何が正当な「発掘」または「採掘」で、何を基準に「盗掘」とするかは、その時代地域それぞれの倫理観、価値観、宗教観、地位や立場によって異なった見方がされることがある。たとえば、20世紀初頭のエジプトにおいてイギリスナチス政権下のドイツが盛んに遺跡の発掘調査を行って、出土品を持ち去ったことについて、現地エジプトの国民から見れば、自国の貴重な文化財を持ち帰られたことから盗掘であると判断することもできる。遺跡を掘り探し出土品を売り捌くことで生計を立てているにおいては、盗掘ではなく「仕事」であると主張されるであろうが、実際には貴重な文化財を破壊する行為であり、特に墓などの遺跡の本来の状態、被葬者や副葬品の配置からわかる当時のものの考え方など形のない考古学的に重要な情報を破壊してしまう行為である。このことが盗掘のもっとも許しがたい行為と考えられ、根本的な対策として、盗掘者の生計をたてさせている趣味的な古美術品の購入者は、盗掘品を購入するのをやめるべきであり、また、盗掘者を生み出す土壌やその国の経済状態などの改善が図られないかぎり、問題は解決しない。[要出典]

現代日本においては、公園等の公有地に移植された花卉類を持ち去る行為などが身近な「盗掘」である。売買や偏執的愛好家などによる窃取については理由が明らかであるが、ウミガメカブトガニなど「食べるつもりなのかペットにしたいのか、自宅近くの浜辺にでも埋めるつもりなのか、子供おもちゃのように与えられるまでは欲しがるが、取得すればすぐに飽きて捨てるような幼稚精神大人達なのか」と関係者の頭を悩ませる行為も多い。[要出典]

野生ランや高山植物などの希少な植物をねらう盗掘も多い。群落全てを狙うような大規模なばあいもあり、一部の希少種ではかなりの個体が盗掘され絶滅寸前になっているものもある。この場合、「山野草の愛好家が直接盗掘する。」というケースもあるが、山取品として販売する業者の存在が大きい。また、インターネット上で「希少植物の自生地情報交換掲示板」などと称して盗掘を助長しているサイトの存在も環境保護団体等によって問題が指摘されている。日本では国内希少野生動植物種に指定されていても申請すれば法律上採取できてしまう。[要出典]

他、大規模な化石が地層内から発見された場合などにも、盗掘されるケースが各地で相次いでいる。例として、日本最古級の哺乳類や、白亜紀恐竜・『丹波竜』などの化石が相次いで発見された「篠山層群」(兵庫県篠山市)でも、2009年9月頃に、化石狙いと見られる盗掘跡が見つかった。問題点としては、明らかな盗掘行為と見られる場合であっても、各自治体の条例では、盗掘行為を禁じてはいても、盗掘者に対して原状回復を求めることしかできず、また、一般者の立ち入りを規制することができないケースがほとんどであるため、各自治体は、対応に苦慮しているのが現状である[1]

有名な盗掘者[編集]

脚注[編集]

関連項目[編集]

関連書籍[編集]

  • 「前方後円墳―その起源を解明する」藤田友治(編著) ISBN 4623031705 - 天皇陵の盗掘の歴史について触れている
  • 「古代エジプト探検史」ベルクテール・ジャン(著)福田素子(訳)吉村作治(監訳) ISBN 4422210521 - エジプト盗掘の歴史