死体売買

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

死体売買(したいばいばい)は教会の墓地から隠密に死体を掘り出し医学校解剖学講義実習のために売ること。この職業の人と墓場荒らしは「死体盗掘人」と呼ばれる[1]

連合王国における状況[編集]

西暦1832年に解剖に関する法律が成立する以前には、連合王国(イギリス)において合法的に解剖用として供給される死体は、法廷で死刑と解剖の刑を宣告されたものだけだった。解剖の刑を言い渡されるものは、大抵無慈悲な犯罪を犯したものであった。食べ物の窃盗のようなことでも収監されるが、殺人で有罪となった場合、死刑と解剖の刑を宣告される可能性があった。これらの刑罰による供給量では、医学校や私立の解剖学校(1832年以前は免許が要らなかった)のための検体は不足していた。1700年代には、微罪で幾百もの死刑が行われたが、19世紀になると毎年55名の絞首刑のみとなった。しかし、医学校の拡充により500体が必要とされていた[2]

死体の冷凍保存に電力が供給されるようになるまでは、死体は速やかに腐敗し研究に使えなくなった。そのため医療従事者は器官や筋肉や脂肪の組織を調べるに足る新しい死体の供給を死体盗掘に頼るようになった。

死体を盗むことはコモンローにおいては重罪ではなく軽犯罪であり、罰金か懲役程度で、流刑や死罪になることはなかった[3]。当局が必要悪には目をつぶる傾向にあったため、これは危険を冒しても十分儲かる商売だった。

死体の盗掘があまりにも世の中に蔓延したため、死者の親族や友人が埋葬まで見守ることが珍しくなくなり、その後も墓地の監視を続けることが一般的になった。鉄の棺桶、墓地まわりのモルトセイフと呼ばれる鉄柵(エディンバラグレンフライアーズ教会には比較的よく残っている)も行われた。オランダでは、救貧院が葬儀屋からわずかな謝礼を貰うのが当たり前になっていた。葬儀屋は埋葬に関する法律に違反した罰金を払った上、(特に身寄りのない者の)死体を医師へ転売した。

金属製よりも静かに掘れる木製のスコップで新しい埋葬地の頭側を掘り、棺に当たったら(ロンドンの墓はとても浅かった)棺を壊して開け、死体に紐をかけ引き出すのが死体盗掘の方法の一つであった。彼らは重罪に繋がるため、宝石や衣服などは盗まないように注意を払った。

医学誌「ランセット」には他の方法が記載されている[4]。頭方向に15フィート〜20フィート(およそ4.5メートル〜6.1メートル)離れたところの芝生をマンホール程度の大きさに四角く剥ぎ、死体を棺から盗むためのトンネルが掘られたが、棺は地下4フィート(およそ1.2メートル)ほどのところにあった。棺の頭側が取り外され。死体はトンネルの中へ引きずり出された。芝は元通りにされるため、墓を監視している親類も、離れたところにある多少変化には気がつかない。この記事は、発見された無人の棺桶の数が「当時死体の盗掘が頻繁に行われた事は疑いの余地が無いと証明している」ことを示唆している。

1827年から1828年、より新しい死体に高い対価が払われたため、エディンバラの死体盗掘者バークとヘアーは戦略を変更し、死体盗掘人から人殺しになった。彼らの犯罪行為に加え、それを模倣したロンドン・バーカーズと呼ばれる集団が現れたため、1832年に解剖に関する法律が設けられた。これにより、引き取り手のない遺体と、親族により献体された遺体が解剖学のために用いることができるようなり、解剖教師を免許制としたため事実上この風習は無くなった。イギリスにおける現在の学術目的の屍体利用は、人体組織局の管轄である。

他の国[編集]

大英帝国の他の地域など、例えばカナダでも広く行われていた。保存法が無いことや宗教的な慣習によって、医学生が新しい死体を入手することは困難であった。医学生は頻繁に死体盗掘に頼った。

パリでの研究中、ヴェサリウスは仲間の学生とともに墓暴きをするのが常であった。

おおよそ月当たり312体が死体盗掘者として雇われた者から供給された。

フィクションにおける死体売買[編集]

現在の状況[編集]

現在でもこのような報告はあるが、極めて稀である。イギリスの悪名高い事例の1つとして、南スタフォードシャーリッチフィールド近郊のヨックソール教会からグラディ・ハモンドの死体が盗まれた。ハモンド夫人の死体は、学術研究用モルモットを繁殖させる認可施設、ダーレーオークス農場に反対運動をしている、動物の権利保護運動の過激派に持ち去られた。ハモンド夫人は、農場の所有者のひとりの義母であった。4年にわたるスタフォードシャー警察の捜査で、Save the Newchurch Guinea Pigs(SNGP)のリーダー4人(エドバストンのケリー・ホイットバーン、ウェルバーハンプトンのジョン・スミス、マンチェスターのジョン・エイブルホワイトら男性3人と、スタフォードシャーのジョセフィーヌ・マヨの女性1人)を恐喝の容疑で投獄した。刑期はそれぞれ男性が12年、女性が4年である。警察の発表によるとハモンド夫人の死体(そのものは、彼らからの情報に基づき警察により回収された)の窃盗も罪状に含むとのことである。

同種移植[6] のために、移植外科からは今でも需要があるため、現代版「死体盗掘人」が供給している[7]。このようにして得られた組織は、医学的に不安定であり、安全ではない。アリステア・クークの骨格は、「死体盗掘人」により火葬の前に切りきざまれた[8][9][10]

ニュージーランド[編集]

西暦2007年から2008年にかけ、よく知られるようになったものがある。ジャック・タカモアが2007年8月に死去した、20年以上連れ添った配偶者はクライストチャーチに埋葬したかった。彼の親族は、配偶者の許可を得ること無くベイ・オブ・プレンティKutarereに埋葬した。同年12月にティナ・マーシャル・マクメナミンはロウワーハットに埋葬される手はずであったが、実の父親がルアトリアに埋葬した。2008年3月に、イバメイナガホロはハミルトンに埋葬されるよう遺書を書いた、しかし20年間あったことのない娘が葬儀に現れタウマルヌイに埋葬した。協議の後ハミルトンに戻され埋葬された。

ニュージーランドの法律によると、死体には所有権が及ばないため「死体盗掘」は違法ではなく警察は動くことができない。

詳細な資料[編集]

  • J B Bailey, editor (1896). The Diary of a Resurrectionist. London. Contains a full bibliography and the regulations in force in foreign countries for the supply of bodies for anatomical purposes, as of its date of publish.
  • Vieux Doc (docteur Edmond Grignon) (1930). En guettant les ours : mémoires d'un médecin des Laurentides. Montréal : Éditions Édouard Garand. Digitized by the National Library of Quebec. French language.
  • "Waking the Dead: how to steal a dead body", Blather.net.
  • Burch, Druin (2007). Digging up the Dead: The Life and Times of Astley Cooper, an Extraordinary Surgeon. Chatto & Windus, London.
  • C W Herr, editor (1799). The Horrors of Oakendale Abbey. Mrs Carver. Gothic novel about the terror inflicted upon a young woman when she is locked inside a crumbling Abbey used by resurrection men and body snatchers. Published by Zittaw Press.
  • Richardson, Ruth (2001). Death, Dissection, and the Destitute. Contains excellent information regarding the Anatomy Act and the Resurrectionist's influence upon the urban poor.
  • Roach, Mary (2003). "Stiff: The Curious Lives of Human Cadavers". Contains humorous information regarding the study of anatomy before the Anatomy Act.

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^  この記事にはアメリカ合衆国内で著作権が消滅した次の百科事典本文を含む: Chisholm, Hugh, ed (1911). Encyclopædia Britannica (11 ed.). Cambridge University Press. 
  2. ^ East London History accessed 24 Jan 2007
  3. ^ The Rex. vs Lynn case 1728, made taking a body from a churchyard, a misdemeanour.
  4. ^ The Lancet, 147(3777), 185-187 (1896)
  5. ^ ロバート・ルイス・スティーヴンスン”. 2013年1月13日閲覧。
  6. ^ Aaron Smith, "Tissue from corpses in strong demand" CNNMoney.com October 5, 2005, retrieved 18 May 2006
  7. ^ Aaron Smith, "Body snatchers tied to allograft firms?", CNNMoney.com October 7, 2005, retrieved 18 May 2006
  8. ^ "Alistair Cooke's bones 'stolen'", BBC news online 22 December 2005, retrieved 18 May 2006
  9. ^ Sam Knight, "Bodysnatchers steal Alistair Cooke's bones", Times online December 22, 2005, retrieved 18 May 2006.
  10. ^ "Four charged over US bones theft", BBC news online 23 February 2006, Retrieved 18 May 2006.

外部[編集]