ピコ・デラ・ミランドラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ピーコ・デッラ・ミランドラ

ジョヴァンニ・ピーコ・デッラ・ミランドラGiovanni Pico della Mirandola1463年2月24日 - 1494年11月17日)は、イタリアルネサンス期の哲学者である。「人間の尊厳」を主張したとされてきたが、近年では、ピーコの用いる「尊厳」の語には「序列」という意味もあり、今日でいう「尊厳」の意味はなかった、とも言われている。ともあれ、ピーコにとって人間とは、なんにでもなれる変幻自在のカメレオンのごときものであった。なお、苗字だけで呼称されるときはピーコである。

生涯[編集]

北イタリア・ミランドラの貴族、ピコ家(it:Pico (famiglia))に生まれる。ボローニャ大学で法律を学んだのち各地で研鑽を積み、フィレンツェへ行き、哲学者として高名なマルシリオ・フィチーノと接した。若くして才能を発揮し、プラトンギリシャ語で、旧約聖書をヘブライ語で読んだ。博識で弁が立ち、メディチ家プラトン・アカデミーの中心的な人物の1人になった。

人間は小さな宇宙であり、その中には元素から動植物、理性、神の似姿に至るまでが含まれると考え、人間が動物と異なるのは、自由意志によって何者にも(神のようにも獣のようにも)なる事ができる点だとして、「人間の尊厳」を主張した。1486年、ローマで哲学・神学の討論会を企画し、討論会のために書いた原稿が『人間の尊厳について』 (Oratio De Dignitate hominis) で、ピーコの主著である。ただしこの題名はピーコ自身の命名ではない。

この討論会では聖体変化などについての議論も予定しており、ローマ教皇インノケンティウス8世から異端の疑いをかけられ、討論会は中止。ピーコも逃亡後、捕えられてしまうが、メディチ家のロレンツォ・デ・メディチの努力により釈放され、フィレンツェに戻る。ジローラモ・サヴォナローラとも親交があった。31歳で死去。

フィチーノと同様、近年は異教的な神秘主義の側面が注目されている。自然を支配する業としての魔術を信じていたが、占星術については、人間の運命が定められているというのは人間の自由意志に反する、として反対するようになり、師フィチーノの説を批判した「反占星術論」を執筆している。また非ユダヤ人としては、はじめてカバラを極めたとされる。

著書[編集]

参考文献[編集]

  • エティエンヌ・バリリエ 『蒼穹のかなたに ピコ・デッラ・ミランドラとルネサンスの物語』1-2、桂芳樹訳、岩波書店、2004年3月。 - 歴史小説の大作。

関連項目[編集]

イタリア文化会館主催でイタリア語作品の翻訳に対して贈られる。これまでに作家の須賀敦子、ルネサンス美術史の岡田温司(京大教授)、『マキァヴェッリ全集』を編集した永井三明(同志社大名誉教授)らが受賞。(イタリア文化に関する著作に贈られるマルコ・ポーロ賞もある)

外部リンク[編集]