マルシリオ・フィチーノ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マルシリオ・フィチーノ

マルシリオ・フィチーノMarsilio Ficino 1433年10月19日 - 1499年10月1日)はイタリアルネサンス期の人文主義者哲学者神学者。メディチ家の保護を受け、プラトンなどギリシア語文献の著作をラテン語に翻訳した。プラトン・アカデミーの中心人物。近年はルネサンスの芸術思想をはじめ、魔術思想、神秘思想の面など多方面で注目される思想家となった。

生涯[編集]

メディチ家の侍医の子としてフィリーネ・ヴァルダルノで生まれ、ラテン語・ギリシア語を学ぶ。コジモ・デ・メディチ(1389年-1464年)に才能を見出されて、フィレンツェ郊外のカレッジに別荘を与えられ、コジモの意向によりヘルメス文書を翻訳(1463年)、次いでプラトン全集の翻訳に従事し、1469年までに完成させた。

中世ヨーロッパではスコラ学のなかでアリストテレスは知られていたものの、プラトンについては(『ティマイオス』などを例外として)ほとんど知られていなかった。フィレンツェ公会議などを契機に東ローマ帝国の学者などを介してプラトンをはじめ多くのギリシア語文献が伝わった。フィチーノによるプラトン全集の翻訳はルネサンス期の新プラトン主義(ネオプラトニズム)隆盛の元になった。

また、コジモが創立した私的なサークル、プラトン・アカデミーの中心となり、同サークルの活動によりポリツィアーノピコ・デラ・ミランドラらに直接的に影響を与えた。

1473年司祭叙階された。主著『プラトン神学』 (Theologia Platonica, 1474) 、『愛について』 (De Amore, 1475)などを著した。

1498年、(メディチ家を追放した)サヴォナローラ反キリストとしてローマ教皇庁に告発している。これは署名なしの文書によるが、作者はフィチーノと目されている。

1499年、フィレンツェ近郊のカレッジで死去。彼の功績はサンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂に飾られた胸像とともに讃えられている。これは彼が同大聖堂の参事会員だったことも大きいであろう。

思想[編集]

フィチーノの人間観は次のようなものである。人間の魂は肉体に捕らえられている。人間の肉体と魂の一部(五感など)は動物と共通であるが、理性と知性を持つ点で動物と異なる。理性は五感から受け取った物事を分析、判断し、また想像力を働かせる能力である。また、知性は直接真理、イデアに到達し神の領域に近づく能力である。この意味で、人間は動物と神の中間にあり、様々な葛藤にさいなまれる不安定な存在であるが、理性によって現世で正しいことを行うとともに、知性によって真理と一体化することができる。

彼はまた神話を天上の力の表現として貴び、その占星術的寓意的解釈に努めた。たとえば、ウェヌスを人間性そのもの、ヘルメスを最初(もしくはゾロアスターに次ぐ第二)の哲学者にして神学者、サトゥルヌスを人を知的探求に没頭させる存在として彼の宇宙論の主要な霊魂に位置づけた。

ヘルメス文書(錬金術の書と勘違いされる場合が多いが、フィチーノの訳した文書はそうではない)の翻訳や実践的な占星術の研究も行っており、『三重の生について』 (De Vita Triplici, 1489)では惑星の力によって健康を得るすべなどを示した。

厳格なキリスト教の立場からは異端ともみなされかねない思想であったが、フィチーノ自身は神話や魔術、プラトン哲学はキリスト教と一致するものと考えていた。

プラトニックラブ[編集]

プラトン『饗宴』の注釈書である『愛について(邦題:恋の形而上学)』の中で使われたアモル・プラトニクスという言葉がプラトニック・ラブ(精神的な愛)の元になったという。ただし、現在でのプラトニック・ラブの概念とはかけ離れたものであった。

関連項目[編集]

参考文献[編集]

著書[編集]

  • 『フィチーノ「ピレボス」注解 人間の最高善について』
     左近司祥子・木村茂訳、アウロラ叢書:国文社、1995年
  • 『恋の形而上学 フィレンツェの人マルシーリオ・フィチーノによるプラトーン饗宴」注釈』
     左近司祥子訳、アウロラ叢書:国文社 1985年

研究書[編集]

桂芳樹訳、平凡社、1989年。ちくま学芸文庫、2002年
  • D.P.ウォーカー 『ルネサンスの魔術思想 フィチーノからカンパネッラへ』 
田口清一訳、平凡社 1991年。ちくま学芸文庫 2004年
根占献一編著、三元社、1995年、新装版2013年-「第1部 マルシリオ・フィチーノ」
  • 根占献一 『共和国のプラトン的世界 イタリア・ルネサンス研究 続』 創文社、2005年
  • 伊藤博明 『ルネサンスの神秘思想』-「第3章 プラトン主義とキリスト教」
講談社学術文庫、2012年。旧版東京書籍、1995年