ゲオルギオス・ゲミストス・プレトン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
プレトンの手稿。ギリシア語で書かれている。

ゲオルギオス・ゲミストス・プレトンギリシア語Γεώργιος Γεμιστός Πλήθων, ラテン文字表記:Georgios Gemistos Plethon, 1360年? - 1452年)は、東ローマ帝国末期パレオロゴス王朝時代のプラトン学者で、「パレオロゴス朝ルネサンス」を代表する人物の一人。

フィレンツェ公会議の際に行ったプラトン講義(1439年)は、イタリアのネオプラトニズム隆盛の一因となった。「プレトン」はプラトンにならってつけた名である。中世ギリシア語読みでは「エオルイオス・エミストス・プリソン」。

モレアス専制公領の首府ミストラスで哲学者、教育者として活動した。歴史上名を知られるのは、フィレンツェ公会議に参加し、ヨハンネス・ベッサリオンとともに、イタリアにプラトン哲学を伝えた点にある。公会議後も、コジモ・デ・メディチの依頼でしばらくフィレンツェに滞在。その後、ミストラスに帰国した。

当時のギリシア人は、東ローマ帝国の市民としてローマ人と称していたが。プレトンは自らを「ヘレネスである」とし、古代ギリシアの神々の復活やプラトンの『国家』に範を採った政治を主張するなど、異様なまでに古代ギリシア文明の復興を唱えた。このため、キリスト教会(正教会)とは対立し、焚書処分も受けた。また、のちにコンスタンディヌーポリ総主教となるゲンナディオス・スコラリオスアリストテレス哲学を擁護した上で正教の修道士となっており、ゲンナディオスはプレトンによるプラトン哲学に対しても批判を加えた[1]

プレトンは1452年、ミストラスで没した。東ローマ帝国が滅亡するのは翌年のことである。

脚注[編集]

  1. ^ "The Blackwell Dictionary of Eastern Christianity" Wiley-Blackwell; New edition (2001/12/5), p208 - p209, ISBN 9780631232032