ヘルメス文書

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ヘルメス文書(-もんじょ)、または、ヘルメティカ文書とは、ヘルメス・トリスメギストスが著したと考えられた、神秘主義的な古代思想の文献写本の総称である。

ヘルメス・トリスメギストスのトリスメギストス(三+偉大)はギリシア神話ヘルメスより三倍偉大という意味だという。モーゼと同時代の知者とも考えられていた。

概説[編集]

文書には紀元前3世紀に成立した占星術などの部分も含まれるが、紀元後3世紀頃までにネオプラトニズム(新プラトン主義)やグノーシス主義などの影響を受けて、エジプトで成立したと考えられている。内容は複雑であり、占星術・太陽崇拝ピュタゴラスなどの要素を取り入れている。他にも、「一者」からの万物の流出(ネオプラトニズム的)や、神を認識することが救いである(グノーシス主義的)などの思想もみられる。

「ヘルメス文書」は、11世紀頃までに東ローマ帝国で17冊の文書に編集された「ヘルメス選集」が中心である(中世西ヨーロッパでは知られておらず、ルネサンス期にギリシア語からラテン語に翻訳された)。

それ以外に、ヘルメスの著作とされる『アスクレピオス』がある。早くからラテン語に翻訳され、アウグスティヌスの『神の国』にも引用されたため、中世西ヨーロッパで知られていた。また20世紀に発見されたナグ・ハマディ写本にも「ヘルメス文書」の一部が含まれていた。

柴田有は「ヘルメス文書」を4つに大別している(『ヘルメス文書』解説)。

  • 哲学・宗教的な作品
    • 「ヘルメス選集」(=荒井献・柴田有訳『ヘルメス文書』の内容)
    • アスクレピオス ほか
  • 占星術の作品
  • 錬金術の作品
  • 魔術の作品
ヘルメス・メルクリウス・トリスメギストス、シエナ大聖堂舗床のモザイク画

グノーシス主義との相違点[編集]

ヘルメス主義とグノーシス主義は互いに共通のイメージ(神話、プラトン哲学、聖書など)を用いる[要出典]が、前者が親宇宙的(Pro-cosmic)であるのに対して、後者が反宇宙的(Anti-cosmic)である点が異なる。創造主の否定につながるグノーシス主義が正統派のキリスト教と相容れないのに対し、ヘルメス主義は必ずしもキリスト教と矛盾するものではない。

たとえば、イタリアシエナ大聖堂モザイク画には“モーセの同時代人ヘルメス・メルクリウス・トリスメギストス”が描かれている。

イスラム圏への影響[編集]

ヘルメス選集の第一文書「ポイマンドレース」は、グノーシス主義的な文献として有名であり、アラビア語に翻訳され、イスラム圏スーフィーズムでも言及される文書である。ムスリムにとって、ヘルメスは預言者エノクと同一視されており、クルアーンでは預言者イドリースとされる。

西欧への影響[編集]

ヘルメス選集は、中世西ヨーロッパでは知られていなかったが、ルネサンス期の1460年コジモ・デ・メディチが東ローマ帝国から写本を入手し、人文主義者マルシリオ・フィチーノギリシャ語からラテン語に翻訳した(Corpus Hermeticum)。ヘルメス主義と総称されるヘルメス文書の思想はキリスト教以前の知とみなされ、キリスト教の立場から合理的に解釈する者もいたが、魔術思想の書とも考えられた。

ヘルメス主義は、地動説を唱えたコペルニクス神学者生理学者セルベトゥス三位一体説を否定し、異端とされた)、天文学者ケプラー磁気による引力論を唱えたギルバート微積分を編み出したライプニッツ科学者ニュートン等にも広く影響を及ぼしたと言われる。

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • 荒井献・柴田有訳 『ヘルメス文書』 朝日出版社、1980年、絶版
  • アンドレ・シャステル 桂芳樹訳 『ルネサンス精神の深層 フィチーノと芸術』 筑摩書房・ちくま学芸文庫 2002年
  • 大貫隆 他編 『グノーシス 陰の精神史』 岩波書店、2001年

 

外部リンク[編集]