メガラ学派

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

メガラ学派(メガラがくは、英語Megarian school)とは、ソクラテスの弟子だったメガラのエウクレイデスを始祖とする哲学の学派。エウクレイデスは、存在は善のみが存在すると主張した。論争と論証法に優れていたことから「論争者(Eristic)」と名付けられた。

メンバーには次のような哲学者たちがいた。

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • Döring, Klaus: Die Megariker. Kommentierte Sammlung der Testimonien. Grüner Amsterdam 1971 (Studien zur antiken Philosophie 2), ISBN 90-6032-003-4
執筆の途中です この「メガラ学派」は、哲学に関連した書きかけ項目です。この記事を加筆・訂正して下さる協力者を求めていますPortal:哲学)。