沙門

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

沙門(しゃもん、: śramaṇa , シュラマナ: samaṇa, サマナ)は、古代インド社会に於いて、バラモン階級以外の出身の男性修行者を指す。桑門勤息とも言う。バラモン教とは異なり、バラモン階級以外からの出家を容認した仏教ジャイナ教僧侶に対してこう呼ぶ場合が多い。

由来[編集]

語源はサンスクリットで努力を意味する sram から来ているとされるが、静まるを意味する sam から来ていると言う説もある。前者の意味として功労、後者の意味として息心と意訳される事があり、上記の勤息は両方の意味を合わせた訳語である。

一説には、シャーマンの語源を沙門とするが、これは、未だ俗説の域を出ていない。シャーマンの語源はツングース系語族の「薩満」であるというのが、有力な学説である。

脚注・出典[編集]

関連項目[編集]