郭象

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

郭 象(かく しょう、252年 - 312年)は、中国西晋期の人物。字は子玄。河南の人。

若くして老荘思想を好み、清談をよくした。王衍は郭象の清談を「黄河の水があふれるがごとく、次から次へ注がれ枯れることがない」と評した。後に辟召されて司徒掾となり、しばらくして黄門侍郎となった。その後司馬越が招聘して太傅主簿とした。高官となった郭象は一転して権勢を誇示するようになり、かつての清談をしていた頃の清廉さを捨て去ったという。永嘉の末年に没した。

荘子』に注したことで知られる。何晏王弼などの玄学を襲い、発展させた思想であるが、彼らの「無を以て本と為す」貴無の論調とは一線を画しており、「独化」「自得」などといった語に象徴されるように道のあるべき流れに従って「おのずと生まれた」有なるものを崇める姿勢を見せた。また、人間の道徳観念は生得的に備わる(「仁義は自ら是れ人の惰性なり。」)ものであるとも説いた。

史書の記載するところによれば、郭象は軽薄な人間であり、向秀の『荘子』注が世に知られていないことをいいことに、これに若干の加除を行った上で、自分の著作と偽って『荘子』注を著したという。これの真偽については古来議論があるが、余嘉錫『世説新語箋疏』では、向秀の注が残っていないのでもはや検証のしようがないと述べている。

参考文献[編集]

執筆の途中です この「郭象」は、哲学に関連した書きかけ項目です。この記事を加筆・訂正して下さる協力者を求めていますPortal:哲学)。