民族義勇団

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

民族義勇団ヒンディー語:राष्ट्रीय स्वयंसेवक संघ、英語:Rashtriya Swayamsevak Sangh または National Volunteers Organization、略称:RSS)は、インドヒンドゥー至上主義団体。民族奉仕団と訳されることもある。

概要[編集]

民族義勇団の指導部(1939年
前列左から二人目が創設者ヘードゲーワール

1925年医師ケーシャヴ・バリラーム・ヘードゲーワール英語版ヒンディー語: केशव बलिराम हेडगेवार Keshav Baliram Hedgewar)によって、英領インドにおいてヒンドゥー教に基づく文化団体として創設された。当初から多くのメンバーが英国のインド統治に反発し、インド独立運動に加わっていた。

しかしムハンマド・アリー・ジンナー率いるイスラーム教徒がパキスタンの分離独立を掲げるなど存在感を強めると、結成当初から「ヒンドゥー教徒は平和を愛しすぎた為、イスラーム主義の王国や英国にインドを蹂躙され続けた」という不満・鬱屈をイデオロギーの支柱にしていたため、イスラーム教徒を敵視するヒンドゥー教急進派・武闘派団体としての色あいを強めていった。

そしてヒンドゥー・イスラーム両教徒の融和と非暴力主義を唱えていたマハトマ・ガンディーを憎悪し、1948年にメンバーのナートゥーラーム・ゴードセーらはついにガンディーの暗殺に踏み切った。その直後に非合法化されたが、翌年撤回された。以後、インドにおいて国民会議派とは別系列のタカ派色の強い団体として推移してきた。

民族義勇団の棒術訓練。(2011年ナーグプルにて)

団体としては社会運動団体に留め、直接は政治活動を行わない建前になっているが、インド人民党創設メンバーの殆どは民族義勇団出身・関係者であり、同党の事実上の前身、或いは同党の私兵集団とも見られている。また極右過激派ファシスト視する批判もある。元グジャラート州の首相で、インド首相(2014-)のナレンドラ・モディもメンバーの一人として有名である。

現在、250万から600万人のメンバーを有するとみられている。普段の主な活動として、棒術格闘技訓練を通じた青少年の心身鍛錬を各地方で行っている。

ギャラリー[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]