宇賀神

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
宇賀弁才天坐像
宝厳寺蔵(1565年浅井久政奉納。頭部に小さく宇賀神が乗り、鳥居を構える。)

宇賀神(うがじん)は、日本で中世以降信仰されたである。

神名の「宇賀」は、日本神話に登場する宇迦之御魂神(うかのみたま)に由来するものと一般的には考えられている(仏教語で「財施」を意味する「宇迦耶(うがや)」に由来するという説もある)。
その姿は、人頭蛇身で蜷局(とぐろ)を巻く形で表され、頭部も老翁や女性であったりと一様ではない。

元々は宇迦之御魂神などと同様に、穀霊神・福徳神として民間で信仰されていた神ではないかと推測されているが、両者には名前以外の共通性は乏しく、その出自は不明である。また、蛇神・龍神の化身とされることもあった[1]

これが比叡山延暦寺天台宗)の教学に取り入れられ、仏教の神(天)である弁才天と習合あるいは合体した。この合一神は、宇賀弁才天とも呼ばれ、宇賀神はしばしば弁才天の頭頂部に小さく乗る。その際、鳥居が添えられることも多い。
出自が不明で、経典では穀霊神としての性格が見られないことなどから、宇賀神は、弁才天との神仏習合の中で造作され案出された神、との説もある[2]

宇賀弁才天への信仰は、延暦寺に近い近江国竹生島を中心に、安芸国厳島相模国江ノ島など全国に広まった[3]。 これらは、明治の神仏分離の際に市寸島比売命(いちきしまひめ)などを祭神とする神社となっている。鎌倉市宇賀福神社では、宇賀神をそのまま神道の神として祀っている。

脚注[編集]

  1. ^ 錦織亮介 『天部の仏像事典』 東京美術 1983年
  2. ^ 山本ひろ子 『異神』 平凡社、1998年。
  3. ^ 現在栃木地方には宇賀神姓を名乗る人々が多数暮らしている。

参考文献[編集]

  • 藤巻一保 「異神の章」『神仏習合の本』 学習研究社、2008年、120-125頁、ISBN 978-4056051544