頼富本宏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

頼富 本宏(よりとみ もとひろ、1945年4月 - )は、日本の仏教学者密教学専攻)、僧侶東寺真言宗実相院住職)。種智院大学密教資料研究所所長・学術顧問。種智院大学名誉教授・元学長。空海研究、曼荼羅思想研究に加え、インドチベットの密教遺跡の現地調査も数度行っている。

来歴・人物[編集]

香川県出身。京都大学大学院文学研究科(仏教学)博士課程修了。種智院大学講師・教授、国際日本文化研究センター教授をそれぞれ歴任後、2002年より種智院大学学長。2010年3月末をもって、同学長を任期終了に伴い退任し、同年4月より教授。また、2011年1月21日に種智院大学で最終講義を行い、同年3月末をもって退職。同名誉教授及び同大学学術顧問。

1988年 京都大学より文学博士号。論文の題は「密教仏の研究 : : 文献・美術遺品両面からの研究 」[1]

1982年に朝日学術奨励賞、1995年密教学芸賞をそれぞれ受賞。

著書[編集]

単著[編集]

  • 密教仏の研究(法藏館
  • 中国密教の研究(大東出版社)
  • 曼荼羅の鑑賞基礎知識(至文堂)
  • 「大日経」入門――慈悲のマンダラ世界(大法輪閣
  • すぐわかるマンダラの仏たち(東京美術
  • あなたの密教(法藏館
  • わたしの密教(法藏館)
  • 庶民のほとけ(NHKブックス:日本放送出版協会
  • 密教とマンダラ(日本放送出版協会、改訂版・NHKライブラリー、講談社学術文庫)
  • 密教―悟りとほとけの道 (講談社現代新書
  • 空海と密教――「情報」と「癒し」の扉をひらく (PHP新書PHP研究所
  • 平安のマルチ文化人 空海 (NHKライブラリー:日本放送出版協会)
  • 四国遍路とはなにか (角川選書:角川学芸出版
  • 中国文化百華8 日中を結んだ仏教僧―異郷の荒波を乗り越えて―(農文協

共著[編集]

編著[編集]

  • 聖なるものの形と場(法藏館)
  • 大日如来の思想(春秋社)
  • 大日如来の世界(春秋社)

共編著[編集]

  • インド密教(立川武蔵、春秋社)
  • チベット密教(立川武蔵、春秋社)
  • 中国密教(立川武蔵、春秋社)
  • 日本密教(立川武蔵、春秋社)

論文[編集]

外部リンク[編集]

先代:
今井圓明
種智院大学学長
第10代:2002年 - 2010年
次代:
村主康瑞

脚注[編集]

  1. ^ 博士論文書誌データベース