恵果

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
恵果
746年806年1月12日
生地 昭応
没地 青龍寺
不空
弟子 空海
恵果大師像(海南省三亜市空海記念苑

恵果(えか/けいか、746年 - 永貞元年12月15日806年1月12日))は、中国代の密教日本空海の師。俗姓は馬氏長安の東にある昭応の出身。真言八祖の第七祖。

業績[編集]

出家した後、不空に師事して金剛頂系の密教を、また善無畏の弟子玄超から大日系と蘇悉地系の密教を学んだ。金剛頂経・大日経の両系統の密教を統合した第一人者で、両部曼荼羅の中国的改変も行った。長安青龍寺に住して東アジアの様々な地域から集まった弟子たちに法を授け、一方では代宗徳宗順宗と3代にわたり皇帝に師と仰がれた。

弟子[編集]

  • 六大弟子
    • 剣南の惟上。
    • 河北の義円。金剛一界を伝授。
    • 新羅の恵日。
    • 訶陵の辨弘。胎蔵一界を伝授。
    • 青竜の義明。唐朝において潅頂の師となったが、早世した。
    • 日本の空海。両部を伝授。真言宗の開祖。

墓所[編集]

土佐市青龍寺に墓がある[1]

出典[編集]