スッタニパータ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
スッタニパータ
Sutta Nipata
訳者 中村元ほか
発行日 1984-05-16
発行元 岩波書店など
ジャンル 聖典
言語 パーリ語
形態 文庫本など
コード ISBN 4-00-333011-0
ISBN 4-00-007007-X
Portal.svg ウィキポータル 仏典
テンプレートを表示

スッタニパータ』(Sutta Nipata)は、セイロン(スリランカ)に伝えられた、いわゆる南伝仏教パーリ語経典の一部である(経蔵の小部に収録)。

スッタは縦糸を意味し、漢訳ではと表現される。中国における経も縦糸という意味である。ニパータは、集り。あわせて『経集』となる。

日本への伝来[編集]

スッタニパータは、日本に漢訳仏典として伝来することはなかった。スッタニパータは中村元に邦訳されて岩波文庫から『ブッダのことば』として出版された。また同じく原始仏典のダンマパダは中村により『真理のことば』として訳された。(なお、ダンマパダは漢訳仏典『法句経』として伝来している。)

内容[編集]

ダンマパダ』は初学者が学ぶ入門用テキストであるのに対し、『スッタニパータ』はかなり高度な内容を含んでいるため、必ずしも一般向けではない。

有名な「犀の角のようにただ独り歩め」というフレーズは、かなりの程度、修行の進んだ者に向けて語られたものである。

南方の上座部仏教圏では、この経典のなかに含まれる「慈経」、「宝経」、「勝利の経」などが、日常的に読誦されるお経として、一般にも親しまれている。

成立[編集]

最初期に編纂された最古の仏典のひとつとされ、対応する漢訳は一部を除いて存在しない。(第4章『八つの詩句』/支謙訳:仏説義足経)現代では日本語訳として『南伝大蔵経』の中におさめられている。ただし、『スッタニパータ』の中にも、新旧の編纂のあとが見られ、パーリ語の文法に対応しない東部マガダ語とみられる用語が含まれていることから仏典の中でも最古層に位置づけられている。

また『スッタニパータ』の注釈書として『ニッデーサ』(義釈)が伝えられている。『スッタニパータ』の第4章と第5章のそれぞれに大義釈と小義釈が存在することから、この部分がもっとも古く、元は独立した経典だったと考えられている。

『ニッデーサ』は文献学的に『スッタニパータ』と同時代に成立したと考えられている。

参考文献[編集]

関連文献[編集]

  • アルボムッレ・スマナサーラ 『慈経 ブッダの「慈しみ」は愛を越える』 日本テーラワーダ仏教協会出版広報部 編、日本テーラワーダ仏教協会〈「パーリ仏典を読む」シリーズ v.1〉、2003年11月。ISBN 4-902092-01-8
  • 石川佾男 『釈尊の問いかけ スッタ・ニパータ随想』 第三文明社〈レグルス文庫 50〉、1975年
  • 小池龍之介 『超訳 ブッダの言葉』 ディスカヴァー・トゥエンティワン、2011年2月。ISBN 978-4-88759-958-1
  • 辻本鉄夫 『経集概説(スッタニパータがいせつ)』 顕真学苑出版部、1931年
  • 中村元 『原始仏典』 筑摩書房〈ちくま学芸文庫 ナ20-1〉、2011年3月9日ISBN 978-4-480-09367-7
  • 毎田周一 『澄む月のひかりに スッタ・ニパータ』 中山書房、1964年
  • 毎田周一 「スッタ・ニパータ研究(未定稿)」『毎田周一全集』第1巻、毎田周一全集刊行会、1969年
  • 由木義文 『釈尊の生き方に学ぶ スッタニパータ法談』 大法輪閣、1984年9月。ISBN 4-8046-1073-1
  • 「スッタニパータ」『世界の大思想 第2期 第2(仏典)』 渡辺照宏訳、河出書房新社、1969年
  • 渡辺照宏 『法句経(真理の言葉)スッタニパータ』 筑摩書房〈渡辺照宏著作集 第5巻(仏教聖典 1)〉、1982年4月。

英訳[編集]

パーリ語原典[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]