シャチー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

シャチーsktŚacī)は、インド神話に登場する女神。アスラ阿修羅)の娘でインドラ帝釈天)の妻。また仏教における帝釈天の人間時代における名前は憍尸迦(きょうしか)というので[1]同じく仏教では「憍尸迦夫人」とも称される。ヒンズー教における別名は「インドラーニー」である。また漢訳では舎支、設施など。意味は可愛の義、研の義。慧苑慧琳は「月」の別名とするが、月はŚaśinであるから、これは誤りであるとされる。またインドラ(帝釈天)の妻であるため、帝釈天を舎脂鉢低 Śacipati とも言われる。仏典では舎脂(しゃし)と音写されており、こちらの表記の方が有名である。

概要[編集]

仏典で舎脂は阿修羅族の王の娘であった。阿修羅王は帝釈天に舎脂を嫁がせたいと思っていた。が、帝釈天は待ちきれずとうとう舎脂を力ずくで奪い、凌辱した。それを怒った阿修羅王が帝釈天に戦いを挑むことになった。凌辱された後の舎脂は戦の最中であっても逆に帝釈天を愛してしまったことに阿修羅はさらに怒り(阿修羅神族に対する事実上の裏切りである)、争いは天界全部をも巻き込んでしまった。阿修羅は復讐に燃える悪鬼となってしまった。力の神である帝釈天に勝てる筈もなく敗れた阿修羅族はこれをきっかけに天界であるとう利天と善見城から追放されてしまう(詳細は阿修羅の項を参照)。

アスラ神族でありながらテーヴァ神族インドラ王の神妃となったシャチーは、インドラとの間にジャヤンタを産んだ。また文献によってはアスラ神族ダーナヴァ一族のプローマンの娘であるともいう。

脚注[編集]

  1. ^ 『涅槃経』巻33や『大智度論』巻56には、帝釈天が人間だった頃の名前は憍尸迦(きょうしか、Kauśika)であると説かれている。しかし、これはあくまで仏教上の説話であってヒンズー教の説話ではないことに留意願いたい。

関連項目[編集]