アイラーヴァタ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
インドラを載せるアイラーヴァタ

アイラーヴァタ(Airāvata, サンスクリット:ऐरावत)はインド神話に登場する白いで、インドラのヴァーハナ(神の乗り物)である。その名は「大海から生まれた者」を意味している。アブフラ・マタンガ(abhra-Matanga、雲の象)、ナーガ・マーラ(Naga-malla、戦う象)、アルカソーダラ(Arkasodara、太陽の兄弟)などとも呼ばれる。同じく象のアブハラム(Abharamu)がアイラーヴァタの妻になる。アイラーヴァタは4本の牙と7つの鼻を持つ全身が真っ白な象として描写され、タイではエーラーワン(Erawan)とも呼ばれている。カシュヤパ(Kashyapa)とカドール(Kadru)の3番目の息子にあたる。

ヒンドゥーの伝承[編集]

ラーマーヤナではアイラーヴァタの母親はイラーヴァティ(iravati)とされている。マタンガリラ(Matangalila)では、ふたつに割れたガルダの卵に向けてブラフマーが歌を歌うと、そこからアイラーヴァタ、さらに続いて7頭の雄の象と8頭の雌の象が生まれたとされている。そしてプリトゥ(Prithu)がアイラーヴァタを全ての象の王に据えた。

彼らは雲を作り出す能力を持つとの伝承があり、そのために「雲を編む者」という別名がついている。象と雨、象と水を結びつける考え方はアイラーヴァタにまつわる物語の中で強調されている。アイラーヴァタは冥界(パーターラ)まで鼻を伸ばし、吸い上げた水を空に向けて吹き上げると雲を作る。インドラがそれを雨へと変えるとされる。これにより空の水と冥界とが結び付けられている。

またアイラーヴァタはインドラの居城である善見城(Svarga)の入り口に立っているとされる。さらに、方位をつかさどる8柱の神々ローカパーラはそれぞれ象に乗っているが、その象達の長がインドラのまたがるアイラーヴァタである。バガヴァッド・ギーターにもアイラーヴァタへの言及がある。

馬のうちでは、私は甘露(を得る際に)生じたウッチャイヒシュラヴァスであると知れ。象王のうちのアイラーヴァタであると知れ。人間のうちでは王であると知れ。

バガヴァッド・ギーター 上村勝彦訳、(第10章、27節)

ダラスラーム(Darasuram)の寺院にはアイラーヴァタが崇拝したと信じられているリンガが祭られており、アイラーヴァーテスワラ寺院(Airavatesvara Temple)と呼ばれている。貴重な彫刻の数々に溢れるこの建築はラジャラジャ・コーラ2世(Rajaraja Chola II)によるものである。

東南アジアのアイラーヴァタ[編集]

ラオス王国の国旗(1952-1975)
エーラーワン(Erawan)

アイラーヴァタはタイの文化圏ではエーラーワン(英語:Erawan、タイ語:เอราวัณ、パーリ語:Erāvana、サンスクリット:Airāvana)と呼ばれている。エーラーワンは3つ、時には33の頭を持ち、通常2本以上の牙を持つ姿で描写され、やはりインドラを背に乗せる。エーラーワンはかつてのラオスの王朝であるラーンサーン王朝ラオス王国を連想させる。これらの国々では国旗にエーラーワンを用いていた[1]

脚注[編集]

  1. ^ Reynolds, Frank E., ed (1982) (英語). Three worlds According To King Ruang: A Thai Buddhist Cosmology. Berkeley. ISBN 0-89581-153-7. 

関連項目[編集]