無色界

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Dharma Wheel
密教
仏教
金剛乗仏教
時代・地域
初期 中期 後期
インド チベット 中国 日本
主な宗派(日本)
東密
※は、「真言宗各山会」加入
- 古義真言宗系 -
高野山真言宗
東寺真言宗
真言宗善通寺派
真言宗醍醐派
真言宗御室派
真言宗大覚寺派
真言宗泉涌寺派
真言宗山階派
信貴山真言宗
真言宗中山寺派
真言三宝宗
真言宗須磨寺派
真言宗東寺派
- 新義真言宗系 -
真言宗智山派
真言宗豊山派
新義真言宗
真言宗室生寺派
- 真言律 -
真言律宗
台密
〈日本〉天台宗
信仰対象
如来 菩薩 明王
経典
大日経 金剛頂経
蘇悉地経 理趣経
思想 基本教義
即身成仏 三密 入我我入
曼荼羅 護摩
東密
古義広沢流 小野流新義
関連人物
東密
金剛薩埵 龍樹
龍智 金剛智 不空 恵果
空海
真言律
叡尊 忍性 信空
台密
最澄 順暁 円仁 円珍
ウィキポータル 仏教

無色界(むしきかい、ārūpya-dhātu)は、天部の最高部に位置し三界の一つである。欲望も物質的条件も超越し、ただ精神作用にのみ住む世界であり、禅定に住している世界。4つの禅定があるので四禅定という。

概説[編集]

受想行識の四蘊のみより成る世界。無色と名づくのは、説一切有部では色がまったく無いからといい、大衆部化地部などは麁色なき所謂とし、経部では色の起るを妨げずをいうからといわれる。上から非想非非想処・無所有処・識無辺処・空無辺処の4つがある。

分類[編集]

非有想非無想処(非想非非想処、有頂天とも)

無色界の最高の天。何物も無しと思惟する定を超えて極めて昧劣な想のみが存在する定。における天界の最上部であるため有頂天とも言う。

無所有処

無色界の第3天。何物も無しと思惟する定。

識無辺処

無色界の第2天。識は無限大であると思惟する定。

空無辺処

無色界の第1天。定を抑える一切の想を滅し、空間が無限大であると思惟する定。