ウド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ウド
Aralia cordata SZ25.png
シーボルト『日本植物誌』に掲載のウド
分類APG III
: 植物界 Plantae
階級なし : 被子植物 angiosperms
階級なし : 真正双子葉類 eudicots
階級なし : コア真正双子葉類 core eudicots
階級なし : キク類 asterids
階級なし : キキョウ類 campanulids
: セリ目 Apiales
: ウコギ科 Araliaceae
: タラノキ属 Aralia[1][2]
: ウド A. cordata[3]
学名
Aralia cordata
Thunb. (1784)[3][4]
シノニム
和名
ウド
英名
oudo,[4] spikenard,[4] udo[4]
山菜として食べごろのウド(若芽)
成長したウド
ウドの花穂
ウド(茎、生)[7]
100 g (3.5 oz)あたりの栄養価
エネルギー 75 kJ (18 kcal)
4.3 g
食物繊維 1.4 g
0.1 g
飽和脂肪酸 0 g
一価不飽和脂肪酸 0 g
多価不飽和脂肪酸 0 g
0.8 g
ビタミン
ビタミンA相当量
(0%)
(0) μg
(0%)
0 μg
チアミン(B1)
(2%)
0.02 mg
リボフラビン(B2)
(1%)
0.01 mg
ナイアシン(B3)
(3%)
0.5 mg
(2%)
0.12 mg
ビタミンB6
(3%)
0.04 mg
葉酸(B9)
(5%)
19 μg
ビタミンB12
(0%)
(0) μg
ビタミンC
(5%)
4 mg
ビタミンD
(0%)
(0) μg
ビタミンE
(1%)
0.2 mg
ビタミンK
(2%)
2 μg
ミネラル
カルシウム
(1%)
7 mg
鉄分
(2%)
0.2 mg
マグネシウム
(3%)
9 mg
リン
(4%)
25 mg
カリウム
(5%)
220 mg
ナトリウム
塩分の可能性あり)
(0%)
0 mg
亜鉛
(1%)
0.1 mg
他の成分
水分 94.4 g

成分名「塩分」を「ナトリウム」に修正したことに伴い、各記事のナトリウム量を確認中ですが、当記事のナトリウム量は未確認です。(詳細

%はアメリカ合衆国における
成人栄養摂取目標 (RDIの割合。
出典: USDA栄養データベース(英語)

ウド(独活、Aralia cordata)は、ウコギ科タラノキ属の多年草。香りが強く、山菜として好まれる。季語、晩春。

特徴[編集]

に小さなをたくさん付け、直径3mmほどの色の液果となる。一果中に3-5個のゴマ状の種子をもつ。高さは約2-3mに成長し、「ウドの大木」という慣用句もあるが、ではない。初夏ゴールデンウィーク頃)に芽吹いた小さな頃には山菜として利用できるが、大きくなると食用にも木材にも適さないことから例えとされたと言われている。だが、実際の所は夏ごろまで「若葉」や「つぼみ」も山菜として採取できる。

利用[編集]

食用[編集]

若葉、つぼみ、およびの部分を食用とする。つぼみや茎は採取期間が短いが、若葉はある程度長期間に渡って採取することができる。林の際など当たりのよい場所か半日陰の傾斜地などに自生するが、スーパーなどで見られる白いものは軟白栽培(日の当たらない地下で株に土を盛り暗闇の中で栽培する方法)によるものでモヤシのように茎を白く伸ばして出荷する[8]

料理の分野では前者を山ウド、後者を白ウドと呼び区別することが多い。後者は立川市を中心とした東京都多摩地域特産品東京うど)である。

山ウドはややアクが強く、山菜として葉や先端を天ぷらなどにする他、ぬた、茹でたものを酢味噌和え、味噌汁の実とする。白ウドは前記の他、水でアク抜きをして煮浸しサラダとしても食べられる。また、皮も柔らかく、短冊切りにしてキンピラにすると美味しいため、白ウドは捨てるところがほとんどない。

一ヶ所から数本のウドの大木が生えている場合は、1本は切り倒してよい。茎の硬い皮を削ぎ取ると芯の部分はセロリのように美味である。ここまで大きくなると生のままでもほとんどアクがなく、雑味もない。また、先端の部分はまだ柔らかいので、若葉や花芽がまだ出ていないものは摘んで天婦羅にできる。

ただ、食物アレルギーがあるので、食べる際注意が必要。

薬用[編集]

根は独活どくかつどっかつ)と呼ばれ、薬用にもなる。また、アイヌ民族はウドを「チマ・キナ」(かさぶたの草)と呼び、根をすり潰したものを打ち身の湿布薬に用いていた。ちなみにアイヌにとってウドはあくまでも薬草であり、茎や葉が食用になることは知られていなかった。

ウドの名前をもつ他の植物[編集]

慣用句[編集]

  • ウドの大木:前述の通り、ウドは2-3メートルの大きさに育つが、育った頃には食用にも木材にも適さないということから、転じて「図体はでかいが中身が伴わず、役に立たないもの」のたとえ。ただし、前述したようにウドは樹木ではなく、草本の一種である。

脚注[編集]

  1. ^ 米倉浩司 『高等植物分類表』 北隆館、2010年、重版。ISBN 978-4-8326-0838-2
  2. ^ 大場秀章(編著) 『植物分類表』 アボック社、2010年、第2刷。ISBN 978-4-900358-61-4
  3. ^ a b 米倉浩司・梶田忠 (2003-). “Aralia cordata Thunb.”. BG Plants 和名−学名インデックス(YList). 2012年8月4日閲覧。
  4. ^ a b c d Missouri Botanical Garden. “Aralia cordata Thunb.”. Tropicos. 2012年8月4日閲覧。
  5. ^ 米倉浩司・梶田忠 (2003-). “Aralia taiwaniana Y.C.Liu et F.Y.Lu”. BG Plants 和名−学名インデックス(YList). 2012年8月4日閲覧。
  6. ^ 米倉浩司・梶田忠 (2003-). “Aralia cordata Thunb. f. biternata Nakai”. BG Plants 和名−学名インデックス(YList). 2012年8月4日閲覧。
  7. ^ 五訂増補日本食品標準成分表
  8. ^ 本山荻舟 『飲食事典』 平凡社、昭和33年12月25日、56頁。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]