上毛三山

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

上毛三山(じょうもうさんざん)とは、群馬県内にある赤城山榛名山妙義山の三つの山を総称した名数である。このうち、火山である赤城山と榛名山は、いずれも那須火山帯に属している。「上毛」とは「上毛野」の略で、群馬県の旧国名上野国を指している。

市街地からでも山並みがよく見えることもあり、群馬県民にはとても親しまれている。群馬県内の中学校・高校の校歌にこの語句が含まれていることが多く、群馬県の郷土かるたである上毛かるたにも、これらの山について詠まれた歌がある。

毎年1月1日に群馬県を舞台に行われる全日本実業団対抗駅伝大会(ニューイヤー駅伝)は、上毛三山のそれぞれを見ながら走る100kmのコースとなっている。

群馬県内の小学校では、運動会のときの組分けを、この上毛三山の名前を用いて「赤城団」「榛名団」「妙義団」の3組とし、対抗させる例が多数存在する(地域によって異なり、また人数が少ないと紅組、白組とする場合もある。逆に人数が多い場合は、同じく有名な山である浅間山を追加して「浅間団」としたり、白根山を追加して「白根団」としたりすることもある)。

上毛かるた大会では、団体戦に限り「す」「も」「の」は役札となり、全部取ると10点が加算される[1]

上毛新聞のコラム「三山春秋(みやましゅんじゅう)」は、上毛三山にちなんで名づけられたものである。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 「す」→「裾野は長し赤城山」、「も」→「紅葉(もみじ)に映える妙義山」、「の」→「登る榛名のキャンプ村」