チュートリアル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

チュートリアル (tutorial) は、教育の手法の一つ。少数の生徒に教師が集中的に教えること、あるいは家庭教師による一対一の教育を意味する。

概要[編集]

一般的には、少数の生徒に教師が集中的に教えること、あるいは家庭教師による一対一の教育を意味する。

派生[編集]

また、教育用の書籍やビデオなどの各種メディアの入門部分を「チュートリアル」という場合もある。さらに、その派生としてコンピュータプログラムで自身の操作や練習など教育を行わせるためのものも「チュートリアル」という。

医学教育[編集]

医学教育分野においては、チュートリアルと言えば、カナダで1960年代に開発されたPBL(problem-based learning)というカリキュラムを指すことが多い。これは、少人数グループに対し、1名のチューターと呼ばれる教員が付いて行われ始めたことによる。テュートリアル、テュトーリアルも同義。海外でtutorialがPBLの意味で用いられることはないため、注意が必要である。

近年では、他の医療者教育分野(歯学、薬学、看護学など)においても用いられる機会が広がっている。

関連項目[編集]