土井晩翠

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
土井 晩翠
(どい ばんすい)
Tsuchii Bansui cropped.jpg
土井晩翠の胸像(仙台市・仙台城址)
誕生 1871年12月5日
明治4年10月23日
仙台県仙台北鍛治町
(現・宮城県仙台市青葉区木町通)
死没 1952年10月19日(満80歳没)
宮城県仙台市大町
(現・宮城県仙台市青葉区大町)
墓地 宮城県仙台市新寺小路・大林寺
(現・宮城県仙台市若林区新寺)[1]
職業 詩人英文学者
言語 日本語
国籍 日本の旗 日本
教育 文学士
最終学歴 東京帝国大学英文科
代表作 「星落秋風五丈原」、『荒城の月』(作詞)
主な受賞歴 文化勲章
処女作 『天地有情』(詩集)
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

土井 晩翠(どい ばんすい、1871年12月5日明治4年10月23日) - 1952年昭和27年)10月19日)は、日本詩人英文学者。本名、林吉(りんきち)。姓は元は「つちい」だったが昭和初期に改称した[2]。男性的な漢詩調の詩風で、女性的な詩風の島崎藤村と並んで「藤晩時代」と称された[1]。また、滝廉太郎の作曲で知られる『荒城の月』の作詞者としても知られ、校歌寮歌なども多く作詞した。戦陣訓の文校正でも知られる。英文学者としては、ホメロスカーライルバイロンなどを翻訳している。

生涯[編集]

1871年明治4年)、仙台県仙台の北鍛治町(現・宮城県仙台市青葉区木町通2丁目)に、富裕な質屋の土井林七、あいの長男として生まれた。父は挙芳と号し和歌俳諧などの文学趣味を持ち、祖母伊勢も和歌を作っていた。8歳で培根小学校(現・仙台市立木町通小学校)に入学。同校在学時に父の影響で『水滸伝』『三国志』『十八史略』に親しみ、『新体詩抄』を愛読した。

祖父の「商人に学問は無用」という意向により進学を阻まれたが、家業に従事しながら英語の通信教育を受けた。1887年に斎藤秀三郎主宰の仙台英学塾に通学を許され、のち第二高等中学校東北大学の前身校の一つ)に入学し、吉野作造と交友を結ぶ。1894年(明治27年)に帝国大学英文科に入ると、英語の他、フランス語、ドイツ語、イタリア語、ギリシャ語、ラテン語を学ぶ。『帝国文学』編集委員となり、1896年12月号に「紅葉青山水流急」を発表し、以後『帝国文学』『反省雑誌』に詩を発表する。

大学卒業後1897年に郁文館中学に就職。1898年(明治31年)にはカーライルの『英雄論』を翻訳出版。1899年(明治32年)には高山樗牛の働きかけで第一詩集『天地有情』を刊行。この2年前に『若菜集』を発表していた島崎藤村とともに「藤晩時代」あるいは「晩藤時代」と呼ばれた。

また1898年に東京音楽学校(現・東京芸術大学)から中学唱歌用の歌詞を委嘱され、「荒城月」(のちの「荒城の月」)を作詩[3]。同校がこの詩につける曲を公募し、滝廉太郎の曲が採用され、1901年(明治34年)に「荒城の月」として発表、『中学唱歌集』に収められた[3]

1900年に母校である第二高等学校教授となり帰郷。翌年に第二詩集『暁鐘』を発表し、二高を辞任してヨーロッパに遊学。1904年に帰国し、翌年に二高に復職、同校校歌を作詞した。詩集『東海遊子吟』などを刊行後、大正期はむしろ英文学者としての活躍がみられる。1924年大正13年)にはバイロン没後100周年を期して『チャイルド・ハロウドの巡礼』を翻訳刊行。昭和になってからはホメロスの翻訳に打ち込んだ。

1934年(昭和9年)、二高を定年退職し名誉教授となる。また、生前から姓「つちい」を、誤って「どい」と多く読まれたことを受け改姓。晩年には両姓の読みの誤りを訂正することを止めたため両方の表記が多く残っている。1941年(昭和16年)の戦陣訓の文体作成について島崎藤村佐藤惣之助とともに参画した。仙台空襲に遭って、住居と三万冊に及ぶ蔵書を失った。

戦後占領期に漢詩調詩が廃れたため、校歌の作詞にほぼ専念する。1950年(昭和25年)に、詩人としては初めて文化勲章を受章。文化功労者、仙台市名誉市民。1952年(昭和27年)、急性肺炎のため死去した。

妻子に次々と先立たれたことで心霊学にも関心を示すようになり、1946年(昭和21年)には財団法人日本心霊科学協会の設立に顧問として関わっている。また、日本全国の学校の校歌を作詞したことでも有名で、特に浅水小学校(宮城県登米市)などの校歌は有名である。母校である木町通小学校の校歌も作詞した。1967年(昭和42年)、晩翠が作詞した校歌を集めた歌集『晩翠先生校歌集』が作られたが、遺漏が多いとされており、いかに多くの校歌を作ったか推測できる。

年譜[編集]

家族[編集]

次女の夫は英米文学者の中野好夫だが、若くして死別した。その長男中野好之も18世紀イギリス文学研究者である。

作品[編集]

『帝国文学』『反省雑誌』に掲載した作品をmとめた『天地有情』は、久保天随と高山樗牛が博文館大橋乙羽を説得して出版させたが、年々版を重ねる好評で、島崎藤村と並び称されるようになった。詩41編に、カーライル、シェリージョルジュ・サンドエマーソンユゴーについての詩論と詩人論の抄訳を収めている。諸葛孔明の生涯を題材にした「星落秋風五丈原」は漢詩の書き下し風の五七調で、広く愛誦され、第一章は軍歌にも取り入れられた。高山樗牛は「調において藤村に及ばず、辞においては遂に羽衣に劣る。されどもその想の高くして情の清きことは遥かにこの二者を凌ぐ」(『太陽』1897年12月号「晩翠の詩」)と評した。これらの詩は瞑想詩とも呼ばれたが、高山樗牛や日夏耿之介はその本質は叙情詩であると述べている。

「荒城の月」の作詩者・作曲者という間柄ながら、晩翠と滝はたった一度だけしか会ったことがない[3]。それは晩翠が欧州遊学中の1902年(明治35年)8月である[3]。前年4月にライプツィヒ音楽院に留学した滝廉太郎が肺結核を患ったため帰国することになり、ベルギーアントワープから日本郵船の大型客船「若狭丸」に乗った[3]。同船がイギリス・ロンドン郊外のティルベリーテムズ川河口港)に寄港した際、晩翠は姉崎正治と共に滝を見舞い、両者は最初で最後の対面をした[3]

邦楽家・宮城道雄は、土井の歌詞作品『春の夜』を箏曲で作曲、処女作『水の変態』に次ぐ第二作品として知られている。

作品一覧[編集]

詩集など[編集]

  • 『天地有情』博文館、1899年4月
  • 『暁鐘』有千閣、佐養書店、1901年5月
  • 『東海遊子吟』大日本図書、1906年6月
  • 『曙光』金港堂、1919年5月
  • 『天馬の道に』博文館、1920年5月
  • 『アジアに叫ぶ』博文館、1932年8月
  • 『雨の降る日は天気が悪い』1934年(随筆集)
  • 『神風』春陽堂、1937年6月
  • 『晩翠放談 - 77年を語る』河北新報社、1943年8月

翻訳[編集]

主な校歌等[編集]

土井を記念する催し[編集]

  • 土井晩翠顕彰会により、晩翠の命日である10月19日前後に顕彰の開催がある。
    • 『晩翠賞』 … 詩人の詩集を対象とした賞。休止中
    • 『晩翠あおば賞』 … 東北地方および仙台市国内姉妹都市の中学生が対象の詩のコンクール。休止中
    • 『晩翠わかば賞』 … 東北地方および仙台市国内姉妹都市の小学生が対象の詩のコンクール。休止中。
    • 杜の都にひびけ「荒城の月」市民大合唱』 … 晩翠の命日である10月19日に仙台城址「荒城の月」詩碑前で開催。

その他[編集]

土井は大学卒業後、郁文館中学校の英語教師、その後旧制第二高等学校の英語(最初はドイツ語)教師となった。国文学者と思って受験した生徒が多くいたという。また格調高い授業を期待した生徒もいたが、ただ英文を読んで翻訳するだけの授業であったといわれている。英語の発音は仙台弁丸出しであり、当時の生徒であった小野寺五一[誰?]は「Father and Mother」を「ファザルエンドマザル」と発音していたと回顧している。

土井が晩年を過ごした仙台市内の住居は現在、「晩翠草堂」として同市青葉区の青葉通り沿いに残されている。これは、土井の教え子や仙台市民の有志が中心となって1949年(昭和24年)に建設されたものである。

のち1980年代に、この草堂の近くを通過する道路が、土井に因んで「晩翠通り」と命名されたが、それを知った土井の子孫がパブリシティ権の侵害であるとして仙台市を訴えるという事例が起きている。孫の中野好之著『仙台「晩翠草堂」の顛末 詩人・土井晩翠旧宅敷地譲渡をめぐる紛争の内幕』(御茶の水書房、1988年)に詳しい経緯が記されている。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g (10) 榴岡、新寺(13、14番札所) / 晩翠眠る城下の東辺河北新報 2010年11月15日)
  2. ^ 『雨の降る日は天気が悪い』序文
  3. ^ a b c d e f 異国で会った作者たち 「荒城の月」朝日新聞 2011年10月8日)
  4. ^ 歴史の中から見た熊谷屋の300年(元祖仙台駄菓子 熊谷屋)
  5. ^ 名誉市民(仙台市)

参考文献[編集]

  • 黒川利雄・晩翠先生記念出版会 『生誕百年記念 晩翠先生と夫人 資料と思出』(1971年
  • 小野寺五一 『土井晩翠先生を偲ぶ』(1973年 詩界 No121号)
  • 大泉きよ 『荒城の月 私記』 宝文堂(1975年
  • 大泉きよ 『続荒城の月 私記』 宝文堂(1985年
  • 『日本の詩歌 2』中央公論社 1976年(村松剛「詩人の肖像」、安東次男「鑑賞」)

外部リンク[編集]