ノースアジア大学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ノースアジア大学
ノースアジア大学
ノースアジア大学
大学設置/創立 1964年
学校種別 私立
設置者 学校法人ノースアジア大学
本部所在地 秋田県秋田市下北手桜字守沢46番地1
キャンパス キャンパス
学部 経済学部
法学部
ウェブサイト ノースアジア大学公式サイト
テンプレートを表示

ノースアジア大学(のーすあじあだいがく、英語: North Asia University)は、秋田県秋田市下北手桜字守沢46番地1に本部を置く日本私立大学である。1964年に設置された。大学の略称はNAU、ノースアジア大[1]

概観[編集]

1953年(昭和28年)に、日本大学理事長の古田重二良が、故郷である秋田県高等教育振興を目的に秋田短期大学(現在の秋田栄養短期大学)が設置された事に伴い、学校法人秋田短期大学(現在の学校法人ノースアジア大学)を設立する。1964年(昭和39年)には秋田県秋田市茨島一丁目(現在の「秋田市茨島体育館」、「茨島地区コミュニティセンター」およびその周辺)に秋田経済大学経済学部のみの単科大学として開学。1983年(昭和58年)に、キャンパスを秋田県秋田市下北手桜に移転して、秋田経済法科大学に改称した。同時に法学部を設置した。移転に伴い、旧キャンパス跡地の一部を秋田市に譲渡する。2007年(平成19年)には名称を現在のノースアジア大学に改称し、現在に至る。

沿革[編集]

  • 1953年(昭和28年) 秋田短期大学(現在の秋田栄養短期大学)設置に伴い、学校法人秋田短期大学(現在の学校法人ノースアジア大学)が設立される。日本大学出身の教育者古田重二良が大学設立に貢献して、理事長に就任する。
  • 1964年(昭和39年) 経済学部の単科大学として、秋田経済大学が開学する。
  • 1983年 (昭和58年)法学部を設置。それに伴い、秋田経済法科大学へと名称を変更する。同時に、キャンパスを現在地に移転する。
  • 2006年(平成18年) 経済学部経済学科を改組して、同年4月入学者から、経済学部に実践経済学科と実践マネジメント学科の2学科(くくり募集)を設置する。
  • 2007年(平成19年) ノースアジア大学に名称を変更する。
  • 2008年 (平成20年)法学部観光学科設置する。同時に、経済学部実践経済学科を経済学科、同実践マネジメント学科をマネジメント学科に改称した。これに伴い、経済学部2学科のくくり募集を廃止し、各学科ごとに募集を行われる形となった。
  • 2009年 (平成21年)同年法学部入学者からの教職課程を廃止。
  • 2011年 (平成23年)経済学部マネジメント学科の募集を停止。教養部改組により、教養部所属教員の配置換えが行われ、両学部ないしは総合研究センター所属となった。

基礎データ[編集]

所在地[編集]

  • キャンパス(秋田県秋田市下北手桜字守沢46番地1)

象徴[編集]

大学の理念として「真理・調和・実学」[2]を掲げている。なお、学校法人ノースアジア大学の法人の理念も同じく「真理・調和・実学」[3]である。詳細は『ノースアジア大学 大学案内 法人の理念』、『学校法人ノースアジア大学 法人の理念』を参照。

学歌[編集]

教育および研究[編集]

組織[編集]

学部[編集]

  • 経済学部
    • 経済学科
      • 金融コース
      • 公務員コース
      • 企業コース
      • 医療コース
  • 法学部
    • 法律学科
      • 警察官・公務員コース
      • 法律事務職コース
      • 企業管理コース
      • ジャーナリズムコース
    • 観光学科
      • 国際観光コース
      • 観光行政コース
      • 観光企業コース

附属機関[編集]

  • 総合研究センター
    • 経済研究所
    • 法学研究所
    • 教養・文化研究所
    • 国際観光研究所
  • 雪国民俗館
  • 国家試験等センター
  • 附属図書館

取得可能な資格[編集]

教育職員免許状[編集]

教育職員免許状は、卒業要件に加えて必要な単位を取得することにより、次の校種・教科が所得可能。

経済学部[編集]

なお、(実践)マネジメント学科に入学した学生については、「高等学校一種(商業)」のみ課程認定されていた。

法学部[編集]

2009年以降入学者に対しては教職課程が設置されないため、2008年(平成20年)以前の入学者に限る。

  • 中学校一種(社会)
  • 高等学校一種(地理歴史)
  • 高等学校一種(公民)

大学関係者と組織[編集]

大学関係者一覧[編集]

施設[編集]

キャンパス[編集]

他大学との協定[編集]

附属学校[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 秋田魁新報の報道では、「ノース大」が使われる。秋田中央交通では、路線名などで「NA大」という略称を使うことがある。
  2. ^ 「大学の理念」『ノースアジア大学 大学案内 法人の理念』ノースアジア大学。
  3. ^ 「法人の理念」『学校法人ノースアジア大学 法人の理念ノースアジア大学

関連項目[編集]

公式サイト[編集]