バート・クウォーク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
バート・クウォーク
Burt Kwouk
生年月日 1930年7月18日(83歳)
出生地 イングランドの旗 イングランドウォリントン
国籍 イギリスの旗 イギリス

バート・クウォークBurt Kwouk, 1930年7月18日 - )は、イギリスウォリントン出身の俳優。ピンク・パンサーシリーズに登場するクルーゾー警部宅の使用人ケイトー役で知られる。

経歴[編集]

1930年7月18日、イギリスのウォリントンに生まれる。17歳までは上海で過ごした。1950年代後半より俳優として映画やテレビドラマに出演するようになる。

1964年ピンク・パンサーシリーズの第2作である『暗闇でドッキリ』にピーター・セラーズが演じる主人公クルーゾー警部宅の使用人ケイトー役で出演した。ケイトーはクルーゾーのカラテの弟子でもあり、隙があればいつでもクルーゾーを奇襲していい約束を結んでいる設定。クルーゾー宅を舞台とした2人の格闘シーンはシリーズの名物となった。4度目の出演となった『ピンク・パンサー4』(1978年)では使用人の枠を越え、クルーゾーの捜査の助手として香港を舞台に準主役格の活躍をした。しかし、セラーズが1980年に死去する為、このシリーズにおいてはこれがセラーズとの最後の共演となった(他の映画ではこれ以後も共演がある)。

ピンク・パンサーシリーズはセラーズの死後も最終第8作『ピンク・パンサーの息子』(1993年)まで3本が製作され、クウォークもすべてに出演、当たり役として合計7度演じた。

ピンク・パンサーシリーズ以外でも『暗闇でドッキリ』と同じ1964年には『007 ゴールドフィンガー』に出演。1967年にも『007は二度死ぬ』にも出演する一方、同年に公開された007シリーズのパロディ的作品である『007 カジノロワイヤル』にも出演してセラーズと共演するなど、多彩に活躍した。

2000年以降もイギリスでテレビを中心に活動している。

2001年に大英帝国勲章を授与された[1][2]

主な出演映画[編集]

公開年 邦題
原題
役名 備考
1962 戦う翼
爆撃機の乗員
1964 暗闇でドッキリ
A Shot in the Dark
ケイトー
007 ゴールドフィンガー
Goldfinger
リン
1965 蝿男の呪い
Curse of the Fly
タイ
1966 名誉と栄光のためでなく
Lost Command
怪人フー・マンチュー/連続美女誘拐事件
The Brides of Fu Manchu
1967 007 カジノロワイヤル
Casino Royale
中国の将軍
007は二度死ぬ
You Only Live Twice
ミサイルオペレーター
1975 ピンク・パンサー2
The Return of the Pink Panther
ケイトー
ローラーボール
Rollerball
日本人医師
1976 ピンク・パンサー3
The Pink Panther Strikes Again
ケイトー
1878 ピンク・パンサー4
Revenge of the Pink Panther
ケイトー
1980 天才悪魔フー・マンチュー
The Fiendish Plot of Dr. Fu Manchu
フー・マンチューの召使い
1982 ピンク・パンサーX
Trail of the Pink Panther
ケイトー
1983 ピンク・パンサー5 クルーゾーは二度死ぬ
Curse of the Pink Panther
ケイトー
1985 プレンティ
Plenty
1987 太陽の帝国
Empire of the Sun
チェン氏
1989 ハード・ラン/栄光への疾走
Race for Glory
ヨシロー・タナカ
1990 エア★アメリカ
Air America
1992 愛しのエリザベス
Shooting Elizabeth
1993 ピンク・パンサーの息子
Son of the Pink Panther
ケイトー
2001 キス・オブ・ザ・ドラゴン
Kiss of the Dragon
タイ
2003 ゲート・トゥ・ヘヴン
Gate to Heaven
ムキ
2004 トウキョウ アンダーグラウンド
Stratosphere Girl
パパさん

参照[編集]

外部リンク[編集]