マルセル・アシャール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

マルセル・アシャールMarcel Achard 1899年7月5日 - 1974年9月4日)は、フランスサント=フォワ=レ=リヨン出身の劇作家・映画監督・脚本家。1959年カンヌ国際映画祭審査委員長。

作品[編集]

映画原作[編集]

脚本[編集]

  • うたかたの戀 Mayerling (1936)
  • たそがれの女心 Madame de... (1953)
  • 遥かなる国から来た男 Le Pays, d'où je viens (1956)
  • 私の体に悪魔がいる La Femme et le Pantin (1959)
  • 素晴らしき恋人たち Les Amours Celebres (1961)

台詞[編集]

  • 呪われた抱擁 Félicie Nanteuil (1945)
  • わが父わが子 Untel père et fils (1943)

監督[編集]

  • シュヴァリエの巴里ッ子 Folies-Bergère (1936)


前任:
アンドレ・シュヴリヨン
アカデミー・フランセーズ
席次21

第14代:1959年 - 1974年
後任:
フェリシアン・マルソー