再会の街/ブライトライツ・ビッグシティ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
再会の街
ブライトライツ・ビッグシティ
Bright Lights, Big City
監督 ジェームズ・ブリッジス
脚本 ジェイ・マキナニー
原作 ジェイ・マキナニー
『ブライト・ライツ、ビッグ・シティ』
製作 マーク・ローゼンバーグ
シドニー・ポラック
製作総指揮 ジェラルド・R・モーレン
出演者 マイケル・J・フォックス
キーファー・サザーランド
フィービー・ケイツ
音楽 ドナルド・フェイゲン
撮影 ゴードン・ウィリス
編集 ジョン・ブルーム
配給 アメリカ合衆国の旗 ユナイテッド・アーティスツ
日本の旗 UIP
公開 アメリカ合衆国の旗 1988年4月1日
日本の旗 1988年11月3日
上映時間 108分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
興行収入 $16,118,077[1]
テンプレートを表示

再会の街/ブライトライツ・ビッグシティ』(Bright Lights, Big City)は1988年に製作されたアメリカ合衆国の映画。原作はジェイ・マキナニーが1984年に発表したベストセラー小説『ブライト・ライツ、ビッグ・シティ』(Bright Lights , Big City)。

概要[編集]

製作の過程には、原作者であるジェイ・マキナニーも加わっており、脚本の執筆を担当している。日本では映画公開前に新潮社から高橋源一郎訳で原作小説が出版されており、こちらの日本語表記は「ブライト・ライツ、ビッグ・シティ」だが、映画での日本語表記は「ブライトライツ・ビッグシティ」である。

マイケル・J・フォックスがシリアスな演技をしており、この作品以外でフォックスがシリアスな役を演じたのは『愛と栄光への日々』(1986)と『カジュアリティーズ』(1989)を含めた数作のみである。フォックスはこの映画の撮影後にヴィッキーを演じたトレイシー・ポランと結婚した。

ストーリー[編集]

作家になることを夢みて、ビッグ・シティ、ニューヨークに住み、出版社に勤めるジェイミー(マイケル・J・フォックス)。しかし彼は、愛する妻であるアマンダ(フィービー・ケイツ)から一方的に別れを告げられ、また母も失くした。そんな彼は、毎晩、悪友のタッド(キーファー・サザーランド)と飲み歩き、酒とドラッグで寂しさを紛らわす毎日を過ごしていた。しかし、タッドの従妹であるヴィッキー(トレイシー・ポラン)との出会いで、彼の心はいい方向に向かい、自分を取り戻す日がやってくるのだった。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹き替え
VHS版 TBS
ジェイミー・コンウェイ マイケル・J・フォックス 三ツ矢雄二 神谷明
タッド・アラガッシュ キーファー・サザーランド 中尾隆聖 大塚芳忠
アマンダ・コンウェイ フィービー・ケイツ 玉川紗己子 林原めぐみ
ジェイミーの母 ダイアン・ウィースト 竹口安芸子
ヴィッキー トレイシー・ポラン 松井菜桜子
ミーガン スージー・カーツ 滝沢久美子
クララ フランシス・スターンハーゲン 京田尚子
ヴォーゲル ジョン・ハウスマン 上田敏也
マイケル チャーリー・シュラッター
エレイン ケリー・リンチ 安達忍
フェレットを抱えた男 ウィリアム・ヒッキー 上田敏也
ハーディ ジェイソン・ロバーズ
(クレジットなし)
阪脩

サウンドトラック[編集]

この映画での音楽監修は『パープル・レイン』『フラッシュダンス』『ラウンド・ミッドナイト』『ラ★バンバ』などを手掛けたジョエル・シルが担当、また全編の音楽スコアをドナルド・フェイゲンが担当するなど音楽性の話題も豊富であった。

そのドナルド・フェイゲンの新曲を含むサウンドトラック盤は映画公開とともにワーナー・ブラザーズ・レコードからリリースされ、プリンスナーラダ・マイケル・ウォルデンらも新曲を提供している。 ちなみに日本では公開前の1988年4月25日にワーナーパイオニア(現・ワーナーミュージック・ジャパン)からリリースされたが、リリース時点では映画公開が未定であったため「ブライト・ライツ、ビッグ・シティ」のタイトルでリリースされている。

なおニュー・オーダーの「トゥルー・フェイス」はシングルと違うシェップ・ペティボーンのリミックス・ヴァージョンが収録されている。またナーラダ・マイケル・ウォルデンはアルバムの中ではアーティスト名を「Narada」と名乗っている。

# 邦題 原題 歌唱・演奏 曲長
1 グッド・ラヴ Good Love プリンス Prince 5:12
2 トゥルー・フェイス True Faith ニュー・オーダー New Order 5:55
3 ディヴァイン・エモーションズ Divine Emotions ナーラダ・マイケル・ウォルデン Narada 4:27
4 キス・アンド・テル Kiss And Tell ブライアン・フェリー Bryan Ferry 4:06
5 プレジャー、リトル・トレジャー Pleasure, Little Treasure (Glitter Mix) デペッシュ・モード Depeche Mode 5:35
6 センチュリーズ・エンド Century's End ドナルド・フェイゲン Donald Fagwn 5:36
7 オブセス Obsessed ノイズ・クラブ The Noise Club 5:40
8 ラヴ・アタック Love Attack コンク Konk 4:00
9 アイスクリーム・デイズ Ice Cream Days ジェニファー・ホール Jennifer Hall 4:38
10 パンプ・アップ・ザ・ヴォリューム Pump Up The Volume M/A/R/R/S M/A/R/R/S 4:07

参考文献[編集]

  1. ^ Bright Lights, Big City” (英語). Box Office Mojo. Amazon.com. 2012年10月9日閲覧。

外部リンク[編集]