針の眼

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
針の眼
Eye of the Needle
監督 リチャード・マーカンド
脚本 スタンリー・マン
原作 ケン・フォレット
製作 スティーヴン・J・フリードマン
出演者 ドナルド・サザーランド
ケイト・ネリガン
音楽 ミクロス・ローザ
撮影 アラン・ヒューム
編集 ショーン・バートン
配給 ユナイテッド・アーティスツ
公開 アメリカ合衆国の旗 1981年7月24日
日本の旗 1981年10月
上映時間 112分
製作国 イギリスの旗 イギリス
言語 英語
興行収入 $17,583,634[1] アメリカ合衆国の旗
テンプレートを表示

針の眼』(Eye of the Needle)は、1981年イギリス映画

解説[編集]

ケン・フォレットの同名小説の映画化。

第二次世界大戦下の英国で機密情報を握るスパイと、そうと知らずにその男を愛してしまった人妻との葛藤を描くサスペンス作品。

ストーリー[編集]

第二次世界大戦下の英国に一人のスパイが暗躍していた。その男の名はフェイバー、暗号名は針。暗殺に細身の短剣を使うことから付けられた渾名であった。

針ことフェイバーは、来るべき連合軍の上陸地点を探り出す使命を受け、英国警察の追跡をかわしながらそれがノルマンディーであることを突き止める。機密情報を得たフェイバーは小船で英国脱出を試みるが、暴風雨の影響で離れ小島に漂着してしまう。

その島には半身不随の灯台守とその家族が住んでいた。フェイバーは一家の世話になりながら再度英国脱出を画策するが、心ならずもその家の妻と恋に落ちてしまう。

スタッフ[編集]

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語版
ハインリッヒ・フェイバー ドナルド・サザーランド 井上孝雄
ルーシー・ローズ ケイト・ネリガン 鈴木弘子
デイヴィッド・ローズ クリストファー・カザノフ 池田秀一
パーシー・ゴドリマン イアン・バネン 石田太郎
大尉 スティーヴン・マッケンナ
ビリー・パーキン フィリップ・マーティン・ブラウン

脚注[編集]

  1. ^ Eye of the Needle (1981)” (英語). Box Office Mojo. 2010年2月6日閲覧。

外部リンク[編集]