ハロルドとモード 少年は虹を渡る

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ハロルドとモード 少年は虹を渡る
Harold and Maude
監督 ハル・アシュビー
脚本 コリン・ヒギンズ
製作 コリン・ヒギンズ
チャールズ・B・マルヴェヒル
出演者 ルース・ゴードン
バッド・コート
音楽 キャット・スティーブンス
撮影 ジョン・A・アロンゾ
編集 ウィリアム・A・ソーヤー
エドワード・A・ワーシルカ・ジュニア
配給 アメリカ合衆国の旗 パラマウント映画
日本の旗 CIC
公開 アメリカ合衆国の旗 1971年10月20日
日本の旗 1972年10月21日
上映時間 91分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $1,200,000
テンプレートを表示

ハロルドとモード 少年は虹を渡る』(Harold and Maude)は、ハル・アシュビー監督の1971年公開の映画

19歳の自殺を演じることを趣味としている少年と、79歳の天衣無縫な老女との恋を描き、米国でカルト的な人気を誇る作品である。

ストーリー[編集]

裕福な家庭に生まれた19歳のハロルドは、母親の前で様々なバリエーションの狂言自殺を演じるという悪戯を趣味にしている。過保護な母親からジャガーXKEをプレゼントされたハロルドは、それをわざわざ霊柩車に改造し、見知らぬ他人の葬儀に参列するのが日課でもあった。

いつものように他人の葬式を傍観していたハロルドは、隣席の老婦人に声をかけられる。それは彼にとって運命的な出会いであった。その老婦人、モードは79歳で、ハロルドと同じように他人の葬式に忍び込むのが趣味だという。アナーキー精神の持ち主であるモードは、排気ガスに汚されている街路樹を引き抜き、白バイを盗んで、山に植え替えに行った。天衣無縫なモードに、ハロルドはいつしか恋心を抱くようになる。

若き日をナチスの強制収容所で過ごしたこともあるモードは、「人生というフィールドでは全力でプレイしなさい。でなきゃロッカールームで退屈するんだから。」と、厭世感に見舞われていたハロルドを励まし、彼も徐々に生きる気力を取り戻していく。モードが自分の人生になくてはならない存在であると確信したハロルドは、デートの後に彼女に求婚する。2人は年齢差をものともせず、その夜に結ばれた。

ところが、人生に満足したというモードは若いハロルドのためを思って、80歳の誕生日の日に服毒自殺を遂げた。薄れていく意識の中でモードは「こんなに素晴らしい人生の終わりは無いわ。」とつぶやく。彼女は病院に運ばれたが、あっけなく亡くなってしまった。

ひとり残されたハロルドは、改造霊柩車を崖にめがけて走らせていく。車は崖っぷちからはるか下に転落した。寸前に脱出したハロルドはその光景を一瞥すると、モードから贈られたバンジョーを弾きつつ立ち去って行った。生きる希望を全身に感じながら。

キャスト[編集]

作品解説[編集]

コリン・ヒギンズは、大学の卒業作品として、この脚本を書いた。

公開・放映[編集]

日本では1972年のロードショー後、2008年6月に衛星放送により紹介された。

リバイバル上映[編集]

日本ではアメリカン・ニューシネマの傑作映画を連続公開するプロジェクト「ZIGGY FILMS '70S '70年代アメリカ映画伝説」の第2弾として、2010年7月17日より、新宿武蔵野館にて38年ぶりに公開され、2011年も各地で単館で公開された。

評価[編集]


サウンドトラック[編集]

キャメロン・クロウは、自身が所有するレコード会社Vinyl Film Recordから2007年12月に2500枚限定でサントラ版を発売した。

DVD[編集]

日本では長らくビデオ化、DVD化されたことはなかったが、2012年3月9日、パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパンからDVD(商品番号:PHNE101210)が発売された[1]

書籍[編集]

コリン・ヒギンズは、ノベライズもおこない日本でも出版された(枝川公一二見書房 1972年出版)が2012年現在は絶版。

舞台[編集]

後にジャン・ルイ・バロー:が舞台劇にした。日本でも1977年にバロー演出で、国立劇場ほかで公演されている。

そのほか[編集]

  • フランス公開時のポスターは、車輪が花の白バイに乗るハロルドとモード。
  • 監督のハル・アシュビーは遊園地のシーンに長髪の男として登場している。
  • 映画『メリーに首ったけ』の中ではヒロインのメリー(キャメロン・ディアス)が「最高の恋愛映画(Harold and Maude is the greatest love story of our time)」と言及している。

出典[編集]

  1. ^ [1]

外部リンク[編集]