アウトロー (2012年の映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アウトロー
Jack Reacher
監督 クリストファー・マッカリー
脚本 クリストファー・マッカリー
原作 リー・チャイルド
『アウトロー』
製作 トム・クルーズ
ポーラ・ワグナー
ゲイリー・レヴィンソン
ドン・グレンジャー
ケヴィン・J・メシック
デヴィッド・エリソン
デイナ・ゴールドバーグ
製作総指揮 ジェイク・マイヤーズ
ポール・シュウェイク
出演者 トム・クルーズ
ロザムンド・パイク
ロバート・デュヴァル
ヴェルナー・ヘルツォーク
リチャード・ジェンキンス
音楽 ジョー・クレイマー
撮影 キャレブ・デシャネル
編集 ケヴィン・スティット
製作会社 TCプロダクションズ
スカイダンス・プロダクションズ
配給 パラマウント映画
公開 アメリカ合衆国の旗 2012年12月21日
日本の旗 2013年2月1日
上映時間 130分[1]
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $60,000,000[2]
興行収入 $218,340,595[2]
日本の旗 11.3億円[3]
テンプレートを表示

アウトロー』(Jack Reacher)は、リー・チャイルドの全米でベストセラーとなっているジャック・リーチャーシリーズ9作目の2005年の小説『アウトロー』(原題: One Shot)を原作とした2012年のアメリカ合衆国の映画である。クリストファー・マッカリーが監督と脚本を務め、トム・クルーズが主人公のジャック・リーチャーを演じる。

あらすじ[編集]

ペンシルベニア州ピッツバーグ、男が運転する白いバンがアレゲニー川沿いにあるPNCパークの対岸の立体駐車場に入り、駐車料金を払った後スナイパーライフルで無差別に人々を狙撃していく。

すぐに警察が到着し、エマーソン刑事たちは薬莢と支払いに使われた硬貨を発見する。硬貨の指紋から元アメリカ陸軍のスナイパー、ジェームズ・バーが容疑者として浮上する。彼の家に突入するとバンと犯行に使われたライフルが見つかり、バーは逮捕された。

エマーソン刑事と地方検事のアレックス・ロディンによる取り調べの中で、バーはメモ帳に「ジャック・リーチャーを呼べ」と書く。ジャック・リーチャーは元米軍憲兵隊捜査官で、現在は流れ者となっていた。リーチャーはバーや狙撃事件のニュースを見た後、ピッツバーグに着く。リーチャーは、証拠の提示は拒否されたが、バーに会うことは許された。バーは、護送中に他の受刑者から暴力を受け昏睡状態に陥っていた。そこでリーチャーは、バーの弁護士で地方検事の娘であるヘレン・ロディンと会う。

キャスト[編集]

製作[編集]

2011年7月、主役のジャック・リーチャー役としてクルーズがオファーされた[4]。リー・チャイルドは、リーチャーを演じるのにぴったりな俳優を見つけることと、原作の雰囲気を作り出すことができたと語り、クルーズにはリーチャーを印象的にする才能があるとも語った[5]。また、原作のリーチャーの体格に比べるとクルーズは小柄だが、チャイルドは「原作での体格は止められない強さのメタファーであり、それはクルーズが彼自身の方法で描いた」[6]、「別の俳優が100%体格が合っていても、リーチャーとしては90%だ。トムの場合は体格が90%でもリーチャーとしては100%だ」[7]と語った。

製作は2011年10月に開始された[8]。映画化の権利はパラマウント映画に売却された。

クルーズは、映画のカーチェイスシーンのカースタントをすべて自身で行った[9]

公開[編集]

当初、公開日は2013年2月が予定されていた[10]。しかし2012年3月、パラマウント映画はクルーズ主演の『ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル』が成功したことを受け、同作と同時期の2012年12月21日公開に変更した[10]。また、これにより『ワールド・ウォーZ』の公開は6ヶ月遅れた[10]

マーケティング[編集]

予告編はクルーズの誕生日である2012年7月3日に公開された[11]

キャッチコピー[編集]

  • その男、行き着く先に事件あり。
  • 彼の名前はジャック・リーチャー。世界で最も危険な流れ者(アウトロー)。

評価[編集]

興行収入[編集]

2013年11月5現在、北米で8007万736ドル、その他の国で1億3826万9859ドル、全世界で合計2億1656万8266ドルを売り上げている[2]

批評家の反応[編集]

批評家からは意見が分かれる結果となった。Rotten Tomatoesでは165件のレビュー中61%が本作を支持し、平均点は6.2/10となった。サイトでは、「アウトローはトム・クルーズによるカリスマ的なパフォーマンスがある平均的な犯罪スリラー映画」と評されている[12]Metacriticでは35のレビュー中好意的なものが13で、平均点は100点満点中50点だった[13]

脚注[編集]

  1. ^ JACK REACHER | British Board of Film Classification
  2. ^ a b c Jack Reacher”. Box Office Mojo. Amazon.com. 2013年11月5日閲覧。
  3. ^ 2013年(平成25年)全国映画概況日本映画製作者連盟 2014年1月28日
  4. ^ Tom Cruise Mulling Offer to Take on Jack Reacher in 'One Shot”. The Hollywood Reporter. 2013年4月13日閲覧。
  5. ^ “Author Lee Child wins top crime award”. British Broadcasting Corporation (BBC). (2011年7月22日). http://www.bbc.co.uk/news/entertainment-arts-14246226 2013年4月13日閲覧。 
  6. ^ Fleming, Mike. “Tom Cruise Locked To Play Jack Reacher In 'One Shot' For Paramount And Skydance”. Deadline.com. 2013年4月13日閲覧。
  7. ^ Oney, Steve (A Tough Guy's Tough Road to the Screen). “A Tough Guy's Tough Road to the Screen”. The Wall Street Journal. オリジナル2012年12月9日時点によるアーカイブ。. http://www.webcitation.org/6CnWT35aE 2013年4月13日閲覧。 
  8. ^ Tom Cruise film producers sued”. BBC News (2012年2月7日). 2012年2月7日閲覧。
  9. ^ Parfitt, Orlando (2012年12月12日). “Exclusive: How on set accident proved Tom Cruise was perfect Jack Reacher”. Yahoo! Movies. 2013年4月13日閲覧。
  10. ^ a b c McClintock, Pamela (2012年3月13日). “Paramount Release Shakeup: Tom Cruise's 'One Shot' to Christmas; Brad Pitt's 'World War Z' to Summer”. The Hollywood Reporter. http://www.hollywoodreporter.com/news/paramount-release-one-shot-world-war-z-release-brad-pitt-tom-cruise-299280 2012年3月14日閲覧。 
  11. ^ Matt Goldberg (2012年7月3日). “New Trailer and Images for JACK REACHER Starring Tom Cruise”. http://collider.com/jack-reacher-trailer-images/177242/ 2012年7月19日閲覧。 
  12. ^ Jack Reacher – Rotten Tomatoes”. Rotten Tomatoes. 2013年4月27日閲覧。
  13. ^ Jack Reacher”. Metacritic. 2013年4月27日閲覧。

外部リンク[編集]