ふたりの誓い

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ふたりの誓い
Lovers and Other Strangers
監督 サイ・ハワード
脚本 レニー・テイラー
ジョセフ・ボローニャ
デヴィッド・ツェラグ・グッドマン
原作 レニー・テイラー
ジョセフ・ボローニャ
製作 デヴィッド・サスキンド
出演者 ベアトリス・アーサー
音楽 フレッド・カーリン
撮影 アンディ・ラズロ
編集 デヴィッド・ブレサートン
配給 日本の旗 20世紀フォックス
公開 アメリカ合衆国の旗 1970年8月12日
日本の旗 1971年10月10日
上映時間 106分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
テンプレートを表示

ふたりの誓い』(原題: Lovers and Other Strangers)とは、1970年に公開されたアメリカ映画。監督はサイ・ハワード

解説[編集]

レニー・テイラーとジョセフ・ボローニャの原作による、1968年初演の舞台劇を映画化したコメディ映画。フランク役のリチャード・S・カステラーノは、舞台版にも出演している[1]ダイアン・キートンの映画デビュー作でもある[2]

日本公開は1971年で、日本語字幕は清水俊二が担当。

ストーリー[編集]

若いカップルのマイクとスーザンは結婚を控えていたが、ふたりの家族は様々な問題を抱えていた。マイクの兄リッチーは妻のジョアンと不仲で、スーザンの姉ウィルマも夫ジョニーと大喧嘩してしまう。マイクとリッチーの両親であるビーとフランクは、リッチー夫婦の離婚を止めようとするが、マイクも結婚生活に対して希望が持てなくなる。

キャスト[編集]

評価[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]