ジョン・ヒンクリー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジョン・ウォーノック・ヒンクリー・ジュニア
John Warnock Hinckley, Jr.
生誕 1955年5月29日(58歳)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国オクラホマ州アードモア
罪名 暗殺未遂
有罪判決 殺人未遂など13の罪
刑罰 精神異常が理由で無罪
現況 法律による強制隔離入院中
ジョン・ウォーノック・ヒンクリー・ジュニア。逮捕時の写真。

ジョン・ウォーノック・ヒンクリー・ジュニアJohn Warnock Hinckley, Jr. 1955年5月29日 - )は、1981年3月30日に当時アメリカ合衆国大統領だったロナルド・レーガンを銃撃した犯人。

映画『タクシードライバー』に出演したジョディ・フォスターに恋し、ストーキングを行い、同映画のストーリーに影響を受けつつ大統領暗殺未遂という事件を起こした。

生い立ち[編集]

ジョン・ウォーノック・ヒンクリーJr(ジュニア)は、同姓同名のJohn Warnock Hinckley, Sr ジョン・ウォーノック・ヒンクリー・シニアを父として、JoAnn Moore Hinckleyジョアン・ムーア・ヒンクリーを母として、3人兄弟の末っ子として、オクラホマ州アードモアで生まれた(ジョンは父親と同姓同名で、二人はSrとJrを付けて区別されている)。父親は、軍隊を経て、戦後石油業界で活躍し、自ら石油会社「ヴァンダービルト・エナジー」社を設立、社長として成功し財をなしていた人物であった[1]。ジョンは、そのような裕福な一家で将来活躍することを期待されつつ誕生したのであった。

ジョンはテキサス州コロラド州で幼年期および少年期を過ごした。ジョンにはスコットという優秀ながいた。弟のジョン (Jr) も小・中学校では成績優秀なスポーツマンで人気者であった[2]。しかし、高校に進学するころになると状況は一転し、ジョンはスポーツもせず、友人も作らず、女の子とデートもせず、家に引きこもり、ギターをかきならす日々を送るようになった[2]。兄が優秀でエリートの道を進みつつあったのに対し、ジョンは落ちこぼれてしまい、精神的に追い込まれてゆく。1973年から1980年までテキサス工科大学英語版休学と復学を繰り返した。で黒人と同室になると黒人を嫌い、白人至上主義の本を読みふけるようになった[2]1976年にはソングライターになることを望みロサンゼルスに行くが、成功しなかった。そのころ彼が両親宛てに送った手紙は、自分の身の上の不運を嘆く言葉と金銭的援助を請う言葉で満ちている。そして彼はコロラド州エバーグリーン (コロラド州)英語版の両親宅へ戻った。地元のレストランで下働きのアルバイトを数か月したのち、再びカリフォルニアに戻ったり、大学に戻ったりの生活をしていた[2]。このころ体調不良を訴えて大学のクリニックにしばしば通い、精神安定剤抗鬱剤を飲み始める[2]を購入し、1979年には、白人優位と保守主義を唱える政治サークルを結成し、1980年には「Listalot リストアロット」という名の名簿販売会社を設立した[2]

ジョディ・フォスターへのストーカー行為[編集]

映画『タクシードライバー』を観たヒンクリーは、同映画の中で売春婦役を演じたジョディ・フォスター一目惚れし、自分の「運命の女」だと思い、偏執的な恋心を抱くようになった。だが、ジョディが映画スターの道を歩んでいるのに対し、ジョンは人生に行き詰まっており、二人には何の縁もなく、近づくことも叶わなかった。ヒンクリーができることといえばせいぜい、自分の部屋の壁にフォスターの写真ブロマイド類を多数貼り付け、それにキスをすることくらいであった。

その後もずっとフォスターに対して強い想いを抱き続けたヒンクリーは、フォスターがイェール大学に入学したことを知ると、それを利用してフォスターに接近する方法を探った。しかし、イェール大学は全米ランキング4位に位置する名門大学・難関大学であり、基本的に成績優秀な学生しか入学できない。成績も悪く落ちこぼれたヒンクリーにとっては、とてもではないが同大学に入学することなどできなかった。そこで彼が思いついたのは同大学の聴講生になることであった。聴講生としてならば(正規の大学の単位は出ないが)特に難しい試験・面接など経なくても簡単な手続きで同大学の教室に入り、講義を聴くことができるのである。ヒンクリーはコネチカット州ニューヘブンに引っ越し、同大学でフォスターが選択・出席している講座・教室を調べ、それにもぐりこむようになった。だが、大教室などでフォスターの姿を見つけても、ヒンクリーは声をかけることもできなかった(教室にいた男子学生たちの中には、ごく自然にフォスターに声をかけ普通に会話をする者たちもいたが、ヒンクリーにはそれもできなかったのである)。

ヒンクリーはフォスターをつけまわし、フォスターのアパートを見つけた。また、彼女の情報を執拗に調べまくり彼女の電話番号も知った。そして、彼女の自宅のドアの下に自作の詩を書いたメッセージを挟み込んだり、繰り返し電話をかけるなど、ストーキング行為を繰り返した。ヒンクリーの気持ちとしては、自分は映画の主人公のようにフォスターを救う騎士になったつもりであった。だが、ヒンクリー自身が残した電話の会話の録音には、(第三者が聞けば)フォスターからはっきりと拒絶されていると判るやりとりがあったのである[2]

(後の捜査や裁判で提出された証拠・証言類によって判明したことによると、ヒンクリーが電話でフォスターに接触するのに成功したのは2度でしかない。フォスターはヒンクリーからの最初の電話を受けた時は、(まともな)ファンの一人かも知れないと思い、とりあえずあまりきつく拒絶するのは止めたという。2度目の電話ではフォスターは、はっきりときつい口調で、「もう電話をかけてこないで」と伝えた。(そのやり取りは証拠として提出された録音に残っている。)それ以降、ヒンクリーは何度フォスターの番号をダイヤルしてもつながらなくなった。というのは、フォスターが自分の身辺で起きているいくつもの兆候から異常を感じ取り、誰からの電話にも一切出なくなったのである。

フォスターとの接触に失敗したヒンクリーは、何とかしてフォスターの注意を引くために、飛行機をハイジャックし彼女の前で自殺するという計画を考えたが、それは断念した。ヒンクリーは「自分が大統領暗殺という大事をやり遂げれば、フォスターが自分を認めてくれる」との妄想にもとづいて、大統領の暗殺を企て始めた。ヒンクリーが大統領暗殺を考え始めた当時はジミー・カーター大統領の在任中で、カーター大統領を州から州へと追いかけたが、警備が厳重なので簡単には狙撃を実行できず、テネシー州ナッシュヴィルで重火器不法所持の罪で逮捕された。無一文になった彼は家に帰り、神経衰弱と抗鬱剤の飲み過ぎを案じた母親によって地元の精神科医に連れていかれたが[2]、改善しなかった。このころFBIに「恋愛問題が理由でフォスターが何者かに誘拐される恐れがある」と匿名の手紙を出している[2]

1980年にジョン・レノンが射殺されると、ビートルズの大ファンだったヒンクリーはすぐにニューヨークに飛び、セントラルパークの追悼集会に参加した。帰郷後、射殺犯マーク・チャップマンが使ったのと同じ銃を購入した[2]

1981年になると、再びフォスターに手紙を届けにニューヘブンに向かったあと、フォスターの代わりに彼が“救える”若き売春婦を求めてニューヨークに滞在した。レノンの命日には事件現場で自殺しようとダコタハウス前に行ったが、果たせなかった[2]。実家に戻ると、自立するよう父親から言われ、多少の金を渡され家を出された[2]。再び大統領の暗殺を企て、新たに大統領に就任したロナルド・レーガン大統領を狙撃することを計画し始めた。

ヒンクリーはレーガン狙撃事件の直前にフォスターに宛てた手紙を書いた。:

過去7ヶ月にわたって私はあなたに対して多くの詩、手紙、愛のメッセージを送りました。そうすればあなたは私に興味を持ってくれるかも知れない、という望みは虚しいものとなりました。私たちは2度電話で話したけれど、私はあなたに厚かましく近づいて自己紹介することはありませんでした...。 私が今この計画を進めるのは、もうこれ以上、あなたに憶えてもらうことを待ってはいられないからです。-ジョン・ヒンクリー Jr.

[注 1]

レーガン大統領狙撃[編集]

ヒンクリーがレーガン大統領に向けて発砲した直後の混乱。(ワシントン・ヒルトン・ホテル前)

1981年3月30日、ワシントンD.C.のヒルトン・ホテルでレーガンがAFL-CIO会議で演説した後にホテルを出ようとしたところで、ヒンクリーはリボルバー銃で続けざまに6発発射した。弾丸は(大統領用車両に跳ね返って)レーガン大統領の胸部に命中し、報道担当官ジェイムズ・ブレイディ、警官トマス・デラハンティ、シークレット・サービスのティモシー・マッカーシーにも当たり負傷させた。ヒンクリーは逃亡しようともせずその場で身柄を拘束された。

レーガン大統領はジョージ・ワシントン大学病院で(4時間ほどにおよぶ)緊急手術を受け助かった。報道官ブレイディは頭部に弾丸を受けたため、永久に障害が残ってしまった。マッカーシーとデラハンティは幸いにも軽傷で済んだ。

ヒンクリーの使用した銃はローム RG-14 リボルバー22口径、1と7/8インチの銃身長であった。シリアルナンバーはL731332。

裁判と措置[編集]

ヒンクリーは1982年の裁判では13の罪で起訴された。裁判の行方に関わる重要な争点の一つはヒンクリーの精神状態をどう見なすかという点であった。弁護側が提出した精神医学上の報告書では、彼は精神の病気に罹っているとされたが、検察当局の報告書は、彼は法律上健全であるとした。結局、6月21日に「ヒンクリーは精神の病気にかかっており、責任能力がない」との判断で無罪判決が出された。

ヒンクリーは、精神の病気で責任能力がないと判断され、無罪判決になった被告人を処遇する法律に基づいて、ワシントンD.C.の聖エリザベス病院英語版に強制隔離入院させられた。ヒンクリーは両親の監督下に1999年に仮退院を許可され、2000年には監督なしでの仮退院が許可されたが、ヒンクリーがフォスターに関する資料を密かに病院に持ち込んでいたことが判明し、2012年現在も強制隔離入院中である。

判決に対する社会の反応[編集]

ヒンクリーに対して無罪判決が出たことは米国社会で広く波紋を引き起こした。マスコミ報道でもその問題点が多数書かれた。大半の米国市民も納得できず、判決を下した裁判所にも一般市民から抗議の手紙が一千通以上届いたという。 そうした抗議の反応は、下院議会および多くの州において精神異常者の犯罪に対する法律を改正することにつながった。アイダホカンサスモンタナユタの四つの州が免罪措置を全て廃止した[注 2]

その後[編集]

  • ヒンクリーの両親は、息子と事件のことを綴った『Breaking Points』という本を出した。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 原文は次のとおり。
    Over the past seven months I've left you dozens of poems, letters and love messages in the faint hope that you could develop an interest in me. Although we talked on the phone a couple of times I never had the nerve to simply approach you and introduce myself.... The reason I'm going ahead with this attempt now is because I cannot wait any longer to impress you. —John Hinckley, Jr.
  2. ^ ヒンクリーの事件に先立つ裁判では、重罪事件の裁判の2%未満で精神異常での免罪が適用され、その80%が敗訴したのであった。
出典
  1. ^ John (J.W.) "Jack" Hinckley, Sr
  2. ^ a b c d e f g h i j k l The John Hinckley Case Crime Library

関連項目[編集]