インサイド・マン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
インサイド・マン
Inside Man
監督 スパイク・リー
脚本 ラッセル・ゲワーツ
アダム・エルバッカー
製作 ブライアン・グレイザー
製作総指揮 ダニエル・エム・ローゼンバーグ
ジョン・キリク
カレン・ケーラ・シャーウッド
キム・ロス
出演者 デンゼル・ワシントン
クライヴ・オーウェン
ジョディ・フォスター
音楽 テレンス・ブランチャード
撮影 マシュー・リバティーク
編集 バリー・アレキサンダー・ブラウン
製作会社 イマジン・エンターテインメント
配給 アメリカ合衆国の旗 ユニバーサル映画
日本の旗 UIP
公開 アメリカ合衆国の旗 2006年3月24日
日本の旗 2006年6月10日
上映時間 128分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $45,000,000[1]
興行収入 $88,513,495[1] アメリカ合衆国の旗カナダの旗
$184,376,254[1] 世界の旗
次作 インサイド・マン2
テンプレートを表示

インサイド・マン』(原題: Inside Man)は、2006年アメリカ映画

ストーリー[編集]

ダルトン・ラッセル率いる4人の銀行強盗グループが、白昼のマンハッタン信託銀行を急襲、従業員と客を人質に取り立てこもる。事件発生の連絡を受け、ニューヨーク市警のキース・フレイジャーとビル・ミッチェルが現場へ急行。 しかし、周到な計画のもと俊敏に行動する犯人グループを前に、フレイジャーたちも容易には動きが取れず膠着した状態が続く。 一方、事件の発生を知り激しく狼狽するマンハッタン信託銀行会長のアーサー・ケイスは、やり手の女性弁護士マデリーン・ホワイトを呼び出すと、ある密命を託し、現場へと送り出すのだった。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替
キース・フレイジャー(NY市警) デンゼル・ワシントン 山路和弘
ダルトン・ラッセル(銀行強盗のリーダー) クライヴ・オーウェン 大塚明夫
マデリーン・ホワイト(弁護士 ジョディ・フォスター 勝生真沙子
アーサー・ケイス(銀行の取締役会長) クリストファー・プラマー 阪脩
ジョン・ダリウス(警部) ウィレム・デフォー 中村秀利
ビル・ミッチェル キウェテル・イジョフォー 東地宏樹

脚注[編集]

  1. ^ a b c Inside Man (2006)” (英語). Box Office Mojo. 2010年10月27日閲覧。

外部リンク[編集]