ダウンタウン物語 (映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ダウンタウン物語
Bugsy Malone
監督 アラン・パーカー
脚本 アラン・パーカー
製作 アラン・マーシャル
製作総指揮 デヴィッド・パトナム
ロバート・スティグウッド
音楽 ポール・ウィリアムス
ロジャー・ケラウェイ
撮影 マイケル・セレシン
ピーター・ビジウ
編集 ジェリー・ハンブリング
配給 アメリカ合衆国の旗 パラマウント映画
日本の旗 東宝東和
公開 アメリカ合衆国の旗 1976年9月15日
日本の旗 1977年1月15日
上映時間 93分
製作国 イギリスの旗 イギリス
言語 英語
イタリア語
興行収入 $2,783,840[1]
テンプレートを表示

ダウンタウン物語』(Bugsy Malone)は1976年イギリスで製作された映画作品。

禁酒法時代のニューヨークのダウンタウンを舞台に二つのギャング団の抗争を描いたミュージカル映画。出演しているのは全て子供であり、20世紀初頭のオールドファッションに身を包んだ彼らがパイ投げマシンガンを乱射しギャングを演じている。当時14歳のジョディ・フォスターが妖艶な歌姫を演じている。

出演[編集]

カッコ内は役名

あらすじ[編集]

ダウンタウンのリトルイタリーでは太っちょサムの一派とダンディー・ダンの一派がしのぎを削っていた。しかしダン一派は新型のパイ投げマシンガンを手に入れ攻勢に出る。サムは密造酒工場を襲われ大きな痛手を受ける。機嫌の悪いサムには情婦のタルーラの慰めの言葉も耳に入らなかった。

サムの部下で二枚目のバグジーは売れない歌手のブラウジーと知り合い恋人になっていた。しかしタルーラがバグジーにちょっかいを出したのでブラウジーは不機嫌になってしまう。

ウソの密告電話に騙されたサムは多くの部下を失い壊滅寸前に追い込まれてしまった。やがてやってきたダンとサムの会談の場所で、サムは絶体絶命のピンチに陥るがバグジーのおかげで命拾いをする。200ドルの褒美を貰ったバグジーはブラウジーに「いっしょにハリウッドに行こう」と誘う。ブラウジーは機嫌を直すが、直後にバグジーはチンピラにおそわれ無一文になってしまう。 400ドルの大金を積まれたバグジーは、ダン一派のマシンガン強奪を企てみごとに成功を収める。

サムの酒場に車で乗りつけたダン一派と、あらたに新米ギャングたちを手下にしたサム一派の決戦が始まる。飛び交うパイのクリームで真っ白になったサムの酒場。大人を演じていた子供達はパイだらけになり、いつしか本来の子供の笑顔にもどり物語は大団円を迎える。

その他[編集]

  • 2003年、出演した子供達のその後を追った番組"Bugsy Malone: After They Were Famous"が製作され、2004年にITVで放映された。

脚注[編集]

  1. ^ Bugsy Malone (1976)” (英語). Box Office Mojo. 2010年2月15日閲覧。

外部リンク[編集]