高IQ団体

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

高IQ団体とは、一定の知能指数(IQ)を持つ者のみが入会できる団体のことである。最も古く有名な団体としては、1946年設立のMENSAがある。他にも、1978年設立のTriple Nine Society、1982年設立のMega Societyなどがある。

概略[編集]

世界で最古の団体はランス・ウェアが1946年に設立したMENSAである。高い知能指数を持つことだけが入会条件となる、聡明な人々のための組織を作るのが動機である。政治的に中立で、人種や宗教の違いから完全に自由である。MENSAは標準偏差15でIQ130(人口上位2%)が入会条件となっている。欧米ではギフテッド教育が進んでおり、IQテストの普及率が高く、米国などを中心に多くの高IQ団体が存在する( Triple Nine Societyなど)。多くの団体は、会員同士の知的な交流、社会活動の促進などを目的に設立されており、会員専用のSNSなどで連絡を取り合っている[1][2]

入会条件[編集]

団体が実施するIQテストを受験し、一定のIQであることを証明することが入会条件であることがあるが[3]、心理学者など専門家の実施するIQテストで代用できるところもある[4]。High IQ societyはネット上でIQテストが受験でき、そのスコアでTENSAやTORRにも入会が可能である[5]。現行のIQテストは標準得点で表示されており、IQのスコアは標準偏差による。例えば、MENSAは標準偏差24では148、標準偏差15ではIQ130が求められる(これはそれぞれ上位2%の知能指数に当たる)。

著名な団体[編集]

  • TENSA
    • 上位10%当たるIQ120(標準偏差15)が条件[6]
  • MENSA
    • 会員は世界に11万人以上、IQ 130以上が条件(標準偏差15)。
  • Triple Nine Society
    • IQ131(標準偏差15)、IQ133(標準偏差16)が条件。2014年1月現在1225名が会員。
  • TORR
    • 標準偏差15でIQ145が条件。人口の上位0.13%に当たる[7]
  • Mega Society
    • 2014年1月現在、世界で26名が会員。1万人に1人のIQスコアが求められる。

著名人[編集]

関連[編集]

文献[編集]

  • 「IQってホントは何なんだ?」(村上宣寛、日経BP社、2007年)

脚注[編集]

  1. ^ TENSA HP
  2. ^ MENSA HP
  3. ^ JAPAN MENSA
  4. ^ TENSA公式HP「list of society memberships and intelligence tests」参照。
  5. ^ High IQ society HP
  6. ^ TENSA
  7. ^ TORR HP