楠本高子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
くすもと たかこ
楠本 高子
16歳の時(1868年)に撮影
生誕 タダ子
嘉永5年2月7日1852年2月26日
死没 1938年昭和13年)7月18日
国籍 日本の旗 日本
別名 三瀬高子
山脇高子
山脇たか
配偶者 三瀬諸淵
山脇泰助(再婚)
母:楠本イネ
親戚 叔父:ハインリッヒ・フォン・シーボルト

楠本 高子(くすもと たかこ、嘉永5年2月7日1852年2月26日) - 昭和13年(1938年7月18日)は、フィリップ・フランツ・フォン・シーボルトの孫娘で、楠本イネの娘。結婚後の改姓により三瀬高子(みせ たかこ)、山脇高子(やまわき たかこ)、山脇たかとも呼ばれる。

高子は不幸な出生で(詳細は「石井宗謙」の項参照)、当初は「タダ子」とよばれていた(天がただで授けたものであろう、というあきらめの境地から名付けられた[1])。13歳まで長崎の祖母・お滝の元で育つ。幼少時は三味線など芸事に熱心であり、医者を嗣ぐことを期待していたイネを嘆かせていたという。14歳の時に母の師・二宮敬作の縁により宇和島藩奥女中として奉公を始める。

1866年(慶応2年)、三瀬諸淵と結婚する。三瀬はシーボルト門下の医者で、二宮敬作の甥に当たった。1877年(明治10年)に夫・三瀬諸淵に先立たれた後、異母兄・石井信義の元で産婦人科を学んだ。しかし、その中で医師・片桐重明との間に周三(後にイネの養子)を生む事態となり、医業の道は断念した。その直後に医師・山脇泰助と再婚、一男二女を生むが、結婚7年目に先立たれた。その後は叔父のハインリッヒ・フォン・シーボルトの世話を受け、東京で母のイネと共に暮らした。以後は幼少時に熱心だった芸事の教授をして生計を立てていた。

2012年(平成24年)9月現在、本人の手記が公開されている[2]

脚注[編集]

  1. ^ 山脇たかが語る母・イネのこと
  2. ^ 山脇たかの手記、「シーボルト記念館(長崎県)」2008年8月30日閲覧。

外部リンク[編集]