興福寺 (長崎市)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
興福寺
Nagasaki Kofukuji M5667.jpg
本堂(大雄宝殿)
所在地 長崎県長崎市寺町4-32
位置 北緯32度44分52.3秒
東経129度53分2.0秒
座標: 北緯32度44分52.3秒 東経129度53分2.0秒
山号 東明山
宗派 黄檗宗
本尊 釈迦如来
創建年 1624年寛永元年)
開基 真円
別称 あか寺、南京寺
文化財 大雄宝殿、旧唐人屋敷門(重要文化財)
山門、媽姐堂、鐘鼓楼ほか(県文化財)
境内(県史跡)
テンプレートを表示

興福寺(こうふくじ)は、長崎市寺町(てらまち)にある、日本最古の黄檗宗寺院である。山号は東明山。山門が朱塗りであるため、あか寺とも呼ばれる。

概要[編集]

1624年寛永元年)に中国僧の真円により創建された。崇福寺福済寺とともに長崎三福寺の一つに数えられる。本寺には、浙江省江蘇省出身の信徒が多いため、南京寺とも称せられた。黄檗宗の開祖隠元隆琦ゆかりの寺院で、本堂にあたる大雄宝殿は国の重要文化財に指定されている。

歴代住持[編集]

文化財[編集]

重要文化財(国指定)[編集]

  • 大雄宝殿
  • 旧唐人屋敷門(長崎市の所有)

県指定有形文化財[編集]

  • 山門
  • 媽姐堂(天海司命堂)
  • 鐘鼓楼
  • 瑠璃燈
  • 三江会所門
  • 中島聖堂遺構大学門
  • 黄檗開祖国師三幅対

県指定史跡[編集]

  • 境内

外部リンク[編集]