女神大橋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Japanese Route Sign Number 5.svgJapanese Route Sign Number 1.svg
長崎県道51号標識
女神大橋
女神大橋(戸町側より)
所在地 日本
長崎市
長さ 1,289 m(斜張橋部880 m + 取付高架橋部409 m)
最大支間長 480 m
高さ 170 m (主塔)
形式 斜張橋
建設 1994年度 - 2005年度
橋の一覧 - 各国の橋 - 橋の形式
テンプレートを表示

女神大橋(めがみおおはし)は長崎県長崎市長崎県道51号長崎南環状線および臨港道路女神大橋線[1]にある斜張橋長崎港の港口に架かる。

概要[編集]

長崎市内の慢性化した交通渋滞の緩和と、長崎港の両岸に分散している港湾施設の連携強化・物流の効率化を図る事を目的として建設された。愛称は「ヴィーナスウィング」(公募の結果)[2]

長崎港に大型の客船が出入りすることを考慮して、水面から非常に高い場所を人や車が通行する斜張橋の形式を取っており、世界最大級の客船クイーン・メリー2などもこの下を通過出来ている[3]。また、夜間はライトアップされ、観光都市長崎の新たなランドマークとしても期待されている。2005年(平成17年)度の土木学会田中賞に選ばれた。

2005年12月11日に女神大橋を含む約4 km区間が供用を開始した。2010年度には高速道路長崎自動車道と接続され、新たな幹線道路網を形成した。また女神大橋を含む1.9 km区間は長崎県道路公社ながさき女神大橋道路として管理する有料道路であり、通行料金が普通車で100円、歩行者は無料となっている。

事業概要[編集]

遠景
  • 延長:1,289 m(斜張橋部880 m + 取付高架橋部409 m)
  • 事業主体:国土交通省(下部工)、長崎県(上部工)
  • 工事期間:1994年度 - 2005年度
  • 橋梁形式:3径間連続鋼斜張橋
  • 活荷重:B活荷重
  • 支間長:200 m + 480 m + 200 m
  • 車線数:4車線(3.25 m×4)+両側歩道(3.00 m×2)
  • 設計速度:60 km/h
  • 主桁断面:フェアリング付逆台形箱桁
  • ケーブル:マルチファン2面 13段(直径115-180 mm
  • 主塔形状:H型(高さ170 m)
  • 設計基本風速:V10 = 49 m/s

交通安全祈願碑[編集]

折鶴の捧げられた祈願碑

女神大橋木鉢側入り口の近くに交通安全祈願碑として設置されている石碑は、建設中の頃この付近で起きた事故の慰霊碑である。2001年8月10日、当時中学1年生の男子生徒が女神大橋の関連工事で通りかかったクレーンにはねられ、死亡したことを受け設置された[4]

脚注[編集]

  1. ^ 事業概要”. 長崎県土木部道路建設課. 2013年4月15日閲覧。
  2. ^ 「女神大橋」の愛称の募集について(御礼)|NaIS-net≪新着情報≫(2007年8月11日時点のアーカイブ
  3. ^ 長崎港に大型観光船「クイーンメリー2」が入港してます! - 長崎県土木事務所
  4. ^ 2008年8月11日 朝日新聞長崎版 地方面より

関連項目[編集]

外部リンク[編集]