思案橋ブルース

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
思案橋ブルース
中井昭・高橋勝とコロラティーノシングル
B面 別れ道
リリース 1968年(昭和43年)4月25日
ジャンル ムード歌謡
レーベル 日本コロムビア
作詞・作曲 川原弘
チャート最高順位
中井昭・高橋勝とコロラティーノ シングル 年表
思案橋ブルース
1968年
思案橋のひと
(1968年)
テンプレートを表示

思案橋ブルース』(しあんばし - )は1968年(昭和43年)4月25日に発売された、ムード歌謡グループ中井昭・高橋勝とコロラティーノのデビューシングルにして、唯一のヒット作。

解説[編集]

  • コロラティーノのトランペッター川原弘の作詞・作曲。キャバレー『十二番館』専属バンド時代に持ち歌としていたところ、評判が高まりメジャーデビューの切っ掛けになった。内山田洋とクール・ファイブは競合店『銀馬車』の専属バンドだったが、本曲によりコロラティーノが一足先に世に出た。
  • 発売4ヶ月後にオリコンの3位まで上昇し、年間セールスでも第15位に輝いた。
  • 思案橋は長崎市内の玉帯川銅座川)に掛り、旧遊郭街の通称にも転じられたが、橋自体は1948年の暗渠化に伴い撤去され、欄干のみが残されている。

EP[編集]

  1. 思案橋ブルース(3分34秒)
    • 作詞:川原弘/作曲:川原弘/編曲:川口真
  2. 別れ道(2分41秒)
    • 作詞:川原弘/作曲:川原弘/編曲:川口真

カバー[編集]

コロラティーノの活動期間が短かった事もあり、数多の歌手・グループによってカバーされている。

特に、現ロス・プリモス徳永淳がコロラティーノにボーヤ兼ドラマーとして参加していた関係で、ロス・プリモスのカバーは定番化している。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]