マリオ・ソアレス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マリオ・ソアレス
Mário Alberto Nobre Lopes Soares
Mário Soares.jpg

任期 1986年3月9日1996年3月9日

出生 1924年12月7日(90歳)
ポルトガルの旗 ポルトガルリスボン
政党 社会党

マリオ・ソアレスMário Alberto Nobre Lopes Soares1924年12月7日 リスボン - )はポルトガルの政治家、第三共和政下の第4代大統領(在任1986年1996年)。元大統領。

リスボン大学歴史哲学及び法律を学び、1957年大学教員・弁護士となったが、アントニオ・サラザール首相の独裁体制に反対する運動に加わり、度々逮捕された。1970年にはフランスへの亡命を余儀なくされ、ヴァンセンヌ大学パリ大学レンヌ大学で教鞭を取った。また当時フランス亡命中であったポルトガルの社会党に加盟し、書記長に推された。

1974年4月25日カーネーション革命が勃発するとポルトガルに帰国、社会党の代表として臨時政府で外相を務めた。新政権内では共産党の勢力拡大を抑え、国軍運動(MFA)の陰謀とも戦った。1976年大統領直接選挙アントニオ・エアネス大統領が就任すると最初の首相(在職1976年7月23日~1978年8月28日)となり、その後1983年にも再び首相に登用された(在職1983年6月9日~1985年11月6日)。首相としての功績はポルトガルのヨーロッパ連合加盟を成功させたこととされる。

1986年社会党候補として大統領選挙に出馬し、革命後最初の文民大統領に当選した。1991年大統領選挙でも再選され、1996年まで10年にわたってポルトガル大統領を務めた。議会の勢力関係により、保守派のアニバル・カヴァコ・シルヴァを首相に任命して政権運営に当らせた。国際的にも人権問題でしばしば発言している。

大統領退任後、1999年から2004年まで社会党からヨーロッパ議会議員に選出されている。歴史家としての著述もあり、著書は30冊を越える。日本にも大統領在任時には1989年の大喪の礼、1990年の即位の礼各出席、1993年、1995年の4度訪問している。1993年は鉄砲伝来等日ポルトガル修好450周年を記念しての国賓来日であり、日本からポルトガルにも高円宮憲仁親王が訪問している。

外部リンク[編集]