横浜ベイブリッジ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
横浜ベイブリッジ
Yokohama Baybridge.jpg
所在地 日本の旗 日本
神奈川県横浜市中区本牧ふ頭鶴見区大黒ふ頭
東京湾(横浜港)
長さ 860m
最大支間長 460m
40.2m
高さ 塔高172m、橋げた55m(いずれも海面より)
形式 斜張橋
建設 1980 - 1989年
橋の一覧 - 各国の橋 - 橋の形式
テンプレートを表示
首都高速B号標識
国道357号標識

横浜ベイブリッジ(よこはまベイブリッジ)は、1989年平成元年)9月27日に開通した[1]神奈川県横浜市にある長さ860m(中央支間長460m)の斜張橋吊り橋)である。東京港方面と横浜港を結ぶ港湾物流の一端を担うことにより、都市部の渋滞を緩和する重要な輸送路である。

概要[編集]

首都高速道路(赤線)及び周辺高速道路・有料道路のルート図。左下の大黒JCT本牧JCTの間にある海上部がベイブリッジ。
湾岸線からベイブリッジ方面を見る

本牧埠頭A突堤(中区)と大黒埠頭鶴見区)とを結んでおり、上層部は首都高速湾岸線で、下層部は国道357号となっている。下層部も含めて125cc以下の自動二輪車は通行できない。また、歩道が無いため徒歩で渡ることもできない。大黒ふ頭側には橋脚の道路下にある展望台までの遊歩道「横浜スカイウォーク」(有料)があり、大型客船の通過時などは迫力のある風景を見学することができたが、2010年(平成22年)9月に閉鎖された。上層部の制限速度は、開通当初は70km/hだったが現在は80km/hになっている。

建設の目的は、高度経済成長期によって悪化した横浜市街地における渋滞の解消である。設計は名港西大橋のデザイン案を、名称はサンフランシスコ・オークランド・ベイブリッジを参考にしたとされる。横浜市が、当時の建設省(現、国土交通省)に橋の建設を積極的に働きかけ、難工事の末に開通した。

完成時において日本最長の斜張橋(橋脚間の距離460mにおいて)[注 1][注 2]であったことから、開通当初は故障以外の駐停車は禁じられている都市高速道路であるにもかかわらず、夜景見物目的の駐車車両が多く問題とされたこともあったが、現在はほとんど見かけることはない。また、故障以外の駐停車を防止するためのアナウンスが常に流れている。

上層部の開通後も高速通行料金の関係から、本牧 - 大黒間の移動においてもベイブリッジを避けて市内中心部の一般道へ迂回するコンテナ車両などが多かったため、地元住民や港湾関係者などから一般道建設の要望があり、2004年(平成16年)に下層部を通行するための一般道を開通させ、横浜港内における港湾関係車両の重要な移動経路としても用いられている。

歴史[編集]

[編集]

首都高速湾岸線
本牧JCT(幸浦方面と接続) - (B07)本牧ふ頭出入口 - 本牧JCT(東京方面と接続) - 横浜ベイブリッジ - 大黒JCT/(B08,B09)大黒ふ頭出入口/大黒PA

交通[編集]

大型船舶の航行問題[編集]

橋の下を通過できない大型外国客船が近年、続々と登場している。ベイブリッジの海面からの高さは約55メートル[注 3]で、くぐれなければ、「大さん橋」を活用できず、客船の誘致合戦で後れをとって外国船寄港数は九州地方の港を下回っている[2]。通過する事例でも、クイーン・エリザベスは、あらかじめ汐待ちして(干潮時間帯を狙って)ギリギリのクリアランスで通過している[3]。このため2013年5月8日、横浜市が本牧ふ頭の貨物用岸壁の活用を検討し、これを管理する港湾会社と調整に入ったと読売新聞によって報じられた[4]

  • 2009年3月6日 客船クイーン・メリー2が横浜に寄港したが、横浜ベイブリッジの下を通過することができないため、大黒ふ頭に停泊した。[5]
  • 2010年2月14日 客船クイーン・メリー2が横浜に2回目の寄港したが、横浜ベイブリッジの下を通過することができないため、大黒ふ頭に停泊した。前年とは変わり安全のため一般市民を立入禁止にするなどの措置を実施した。[6]貨物埠頭への着岸については前年より船客から不満があったことも影響し、2011年の寄港地を大阪港に変更した。
  • 2013年5月8日 客船ボイジャー・オブ・ザ・シーズが横浜に寄港したが、横浜ベイブリッジの下を通過することができないため、大黒ふ頭に停泊した。[7]
  • 2015年3月17日 客船クイーン・エリザベスが横浜に寄港する予定であったが、南太平洋上で発生したサイクロン・パムの影響により横浜港到着予定時間が干潮時とずれ、ベイブリッジをくぐることが出来ないため寄港地を急遽神戸港に変更した。[8]

横浜ベイブリッジが登場する作品[編集]

ギャラリー[編集]

その他[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 松尾橋梁 (n.d.), 橋を知る 世界の橋の歴史年表 1980〜, 松尾橋梁, http://www.matsuo-bridge.co.jp/bridgedata/worldhistory/each/ad1980.html 2009年9月14日閲覧)」によると、当時の世界最長支間長はアレックス・フレーザー橋(アナシス橋)(カナダ・バンクーバー)の465mである。
  2. ^ ベイブリッジの寸法については次の文献が参考になる。湯本大祐; 段下義典; 鈴木尊; 松本俊一; 米倉健二; 宮西淳 (2009), “長大橋耐震補強の設計・施工 〜横浜ベイブリッジ耐震性工場工事〜”, 川田技報 (川田工業) 28: 60, http://www.kawada.co.jp/technology/gihou/pdf/vol28/28_ron_06.pdf 2009年9月14日閲覧
  3. ^ 設計ミス説も

出典[編集]

  1. ^ PHP研究所 (2006), 今日は何の日 話のネタ365日 (4訂 ed.), PHP研究所, p. 177, ISBN 9784569658049 
  2. ^ “ベイブリッジを大型客船くぐれない”. (2012年10月10日). http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/kanagawa/news/20121010-OYT8T00035.htm 2012年10月12日閲覧。 
  3. ^ “英の豪華客船、干潮狙いギリギリ通過 横浜ベイブリッジ”. 朝日新聞. (2014年3月17日). http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140317-00000004-asahi-soci 2014年3月17日閲覧。 
  4. ^ 読売新聞 (2013), ベイブリッジくぐれない…豪華客船、大型化の波, http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20130508-OYT1T00766.htm 2013年5月8日閲覧。 
  5. ^ 横浜市 (2009), 世界最大級の豪華客船「クイーン・メリー2」が3月6日入港! 停泊地(大黒ふ頭T-1・T-2岸壁)で間近に眺められます 〜ふ頭内の市民利用施設も早朝からオープン!〜 海上見学会の参加者も募集!, 記者発表, 横浜市 (2009-01-27発行), p. 2, http://www.city.yokohama.jp/me/port/press/2009/0127-1.pdf 2009年9月14日閲覧。 
  6. ^ 横浜市 (2010), 客船「クイーン・メリー2」の再寄港に際しての御注意~ふ頭内は関係者以外立入禁止です。, 横浜市港湾局 (2010-01-18発行), http://www.city.yokohama.lg.jp/kowan/cruise/qm22010.html 2015年3月22日閲覧。 
  7. ^ 神奈川新聞 (2013), 【動画】「ボイジャー・オブ・ザ・シーズ」が横浜初入港、ベイブリッジくぐれず大黒ふ頭に/神奈川, 神奈川新聞 (2013-5-8発行), http://www.kanaloco.jp/article/58002/cms_id/57793 2015年3月22日閲覧。 
  8. ^ 神奈川新聞 (2015), QEの横浜寄港中止 サイクロンで航路変更, 神奈川新聞 (2015-3-17発行), http://www.kanaloco.jp/article/85550/cms_id/131471 2015年3月22日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]