青森ベイブリッジ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
青森ベイブリッジ
Aomori Bay Bridge
青森ベイブリッジと八甲田丸
所在地 日本の旗 日本
青森県青森市
青森湾青森港
長さ 1219.0m
最大支間長 240m
25.0m
形式 PC斜張橋(主径間部)
建設 1985 - 1994年
橋の一覧 - 各国の橋 - 橋の形式
テンプレートを表示
夜のライトアップ

青森ベイブリッジ(あおもりベイブリッジ)は、青森県青森市にある橋梁である。青森港の貨物運搬の渋滞緩和を目的として建てられた。青森市の名景の1つとなっている。

概要[編集]

橋長は1219mあり青森市最長のである。青森県では八戸大橋 (1323.7m) に次いで2番目。それまで青森市で最長であったのは青森西バイパスの青森高架橋(993.8m、現在[いつ?]は青森県3位)であった。

非常に外観を重視した橋であり、総工費も約270億円に達した(八戸大橋の総工費は89億3700万円)。主塔に高強度コンクリートを使用している。

橋脚やケーブルなどいたる箇所に青森の頭文字である「A」の形がかたどられている。

長らく路面凍結に悩まされてきたため、海水のパイプを道路下に埋め込み融雪機能の付いた橋にしようとしたが、事業費や工事期間の問題のため一部使用に留まり当初計画していた全線融雪は実施のめどは立っていない。それでも使用前よりは事故は大幅に減った。

橋梁概要[編集]

  • 路線名:青森港臨港道路2号線
  • 橋長:1219.0m(中央径間498m、側径間721m)
  • 幅員:25.0m
  • 橋梁形式:PC斜張橋(主径間部)
  • 車線数:4車線

沿革[編集]

  • 1982年(昭和57年) - 事業化(事業名:青森港改修事業、区間1993m)
  • 1985年(昭和60年) - 着工
  • 1992年(平成4年)7月 - 暫定2車線供用開始。土木学会田中賞を受賞。
  • 1994年(平成6年)7月 - 4車線全線供用開始
  • 2002年(平成14年) - 耐震融雪事業開始(事業名:青森港 本港地区 橋梁(耐震強化)、総事業費約25億円)。
  • 2004年(平成16年)12月 - 沖館方面下り442m融雪開始。
  • 2006年(平成18年)2月 - 本町方面、交差点付近138m融雪開始。この区間から沖館方面253mも2006年冬に融雪開始。

主な接続道路[編集]

周辺[編集]

関連項目[編集]

  • 横浜ベイブリッジ - 名称の由来である。開通直前まで「青森大橋」と命名される予定であった。

外部リンク[編集]