健康教育

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

健康教育(health education)は、喫煙薬物依存アルコール中毒など、健康に好ましくない悪癖、習慣、中毒、依存の予防から、偏見、ストレス、誤解などコミュニケーションから心の健康に至るまでの指導、教育を包含したものをいう。

概要[編集]

もとともは病気の予防や健康維持、増進、適度の運動、周産期女性の保健指導などから、近年は、高齢者の健康や若年者の引きこもり、ストレス、対人関係での不適応などまで含めて考えるようになってきた。不登校の引きこもり児童への関わりなども、保健学分野では、地域児童精神保健といい、その一部として定着してきた。

世界の健康教育[編集]

イギリス[編集]

教科としての道徳科がない代わりに、健康教育に対人関係や社会参加、経済教育などを盛り込んだPSHE(Personal Social Health Education)と宗教教育で道徳教育を代替している。この場合の健康教育には、上記の喫煙、薬物、アルコールなどのテーマの他に、思春期の妊娠防止、いじめ、暴力の防止、自己信頼と自尊感情(セルフ・エスティーム)、共感、問題解決能力、ストレスへの対処などが含まれている。

日本の健康教育[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]