論理療法

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

論理療法(ろんりりょうほう)とは、心理療法アルバート・エリス(Albert Ellis)によって1955年頃に創始された心理療法の一つである。広義の認知療法では最初のものとされている。

分かりやすい論理体系やユーモアある技法、エリスのキャラクターと相まって、依然として論理療法を愛好する人も多い。

名称と日本での訳語の混乱[編集]

当初の名称はRational Therapyであり、國分康孝が「論理療法」と訳した。その後、エリスはRational Emotive TherapyRational Emotive Behavior Therapyと、2度名称を変更して現在に至っている。現在では、その頭文字をとってREBTと呼ばれることが多い。

それにともなって、Rationalを「論理」「理性」「合理」、Emotiveを「感情」「情動」など様々に訳し、さまざまに組み合わせて使われる上、旧名称を依然として使う人も多い状況で、訳語は混乱している。

つまり現在の名称であるRational Emotive Behavior Therapyは、日本においては、「論理情動行動療法」「理性感情行動療法」「合理情動行動療法」といったように、様々に訳語されている。そのため、日本においても、英語名称の頭文字をとってREBTと呼ばれることも多い。

國分は「Rational Emotive Behavior Therapyを論理療法と呼ぶべきだというのはイラショナル・ビリーフだが、論理療法と呼んでほしいというのはラショナル・ビリーフである」と論理療法の用語・理論とからめて、「論理療法」と呼ぶことを推奨している。要するに「論理療法と呼ぶべきだとまでは言わないが、呼んでほしいとは思う」ということである。

理論[編集]

人の悩みは出来事そのものではなく出来事の受け取り方によって生み出されるものであり、受け取り方を変えれば悩みはなくなるというのが基本的なスタンスである。そして、それはABC理論とイラショナル・ビリーフに集約される。

ABC理論[編集]

A:Activating event(出来事)
B:Belief(信念、固定観念)
C:Consequence(結果)

出来事があって、結果があるのではなく、間にビリーフによる解釈があるという考え方である。とくに不合理な考えによる解釈をイラショナル・ビリーフと呼び、それを粉砕することを目的とする。

D:Dispute(論駁)
E:Effect(効果)

ABCのあとにの二つを加えて、ABCDE理論と呼ぶこともある。

イラショナル・ビリーフ[編集]

Irrational Beliefは「非合理的な信念」と訳される。「失敗してはならない」「すべての人に愛されなければならない」「世の中は公正でなければならない」などという思いを持っていると、それらが満たされなかったときに悩むことになる。イラショナル・ビリーフは以下のような特徴がある。

  • 事実に基づいていない
  • 論理的必然性がない
  • 気持ちを惨めにさせる
  • 自己否定的・悲観的な内容である

イラショナル・ビリーフは願望(~ねばならない、~であって欲しい)と事実を混同することから起こっている。このような混同を論理的に否定し、ラショナル・ビリーフ(合理的信条)へと変えてゆくのが論理療法の役割である(「文章記述を書き換える」という表現をする)。ラショナルビリーフは

  • 事実に基づいている
  • 論理性がある
  • 人生を幸福にする

ラショナル・ビリーフの例は「失敗しないほうがいいが人間だから失敗することもある。失敗から学ぶべきである」「人に愛される・愛されないとは関係なしに具体的になにかをするべきである。その結果人が愛してくれればありがたいし、愛されなくとももともとである」などである。

端的に言ってしまえば、「~ねばらならない(must)」ではなく、よりマイルドであると言われる「~であるにこしたことはない(should)」という文章記述の書き換えである。

国内の研修・研究機関[編集]

1996年4月に、日本ではじめて、論理療法を専門に研修・研究する組織である「日本論理療法協会」が発足し、それが日本論理療法学会(Japanese Association of Rational Emotive Behavior Therapy、略称:日本REBTまたはJ-REBT)と名称を変え、現在に至っている。ちなみに、日本論理療法学会は会の目的を、「論理療法の創始者アルバート・エリス のカウンセリング・サイコセラピー哲学に基づき、非営利団体として、日本における論理療法の健全な普及・発展を図ることを目的とする」としている。この組織では、論理療法の特徴である「論理療法の哲学」を特に大切にする立場をとっている。

また、日本論理療法学会では、論理療法の専門家である論理療法士(Certified REBT Therapist)の養成と資格認定を行っている。

参考文献[編集]

関連書籍(訳書)[編集]

  • Dryden, W. & DiGiuseppe, R. (1990) A primer on rational‐emotive therapy.
    • (ドライデンW.・デジサッピR.(著) 菅沼憲治(訳) 1997 実践論理療法入門:カウンセリングを学ぶ人のために 東京:岩崎学術出版社)
  • Waren, S. R., DiGiuseppe, R. & Dryden, W. (1992)  A practioner's guide to Rational-Emotive Therapy. Second Edition.
    • (ワレンS.R.・デジサッピR.・ドライデンW.(著) 菅沼憲治(監訳) 2004 論理療法トレーニング:論理療法士になるために 東京:東京書籍)
  • Dryden, W. (1994) Invitation to rational: Emotive psychology.
    • (ドライデンW.(著) 國分康孝・國分久子・國分留志(訳) 1998 論理療法入門:その理論と実際 東京:川島書店)
  • Yankura, J. & Dryden, W. (1994) Albert Ellis.
    • (ヤンクラJ.・ドライデンW.(著) 國分康孝・國分久子(監訳) 1998 アルバート・エリス 人と業績:論理療法の誕生とその展開 東京:川島書店)
  • Edelstein, M. R. & Steele, D. R. (1997) Three minute therapy: Change your thinking, Change your life.
    • (エデルシュタインM.R.・スティールD.R.(著) 城戸善一(監訳) 2005 論理療法による三分間セラピー:考え方しだいで、悩みが消える 東京:誠信書房)

関連書籍(和書)[編集]

  • 日本学生相談学会(編) 今村義正・國分康孝(編集) 1989 論理療法にまなぶ:アルバート・エリスとともに・非論理の思いこみに挑戦しよう 東京:川島書店
  • 伊藤順康(著) 1990 自己変革の心理学:論理療法入門 東京:講談社
  • 國分康孝(編) 1999 論理療法の理論と実際 東京:誠信書房
  • 石隈利紀・伊藤伸二(著) 2001 論理療法と吃音―自分とうまくつき合う発想と実践 東京:芳賀書店
  • 岡野守也(著) 2004 唯識と論理療法:仏教と心理療法・その統合と実践 東京:佼成出版社
  • 石隈利紀・伊藤伸二(著) 2005 やわらかに生きる:論理療法と吃音に学ぶ 東京:金子書房
  • 岡野守也(著) 2008 いやな気分の整理学―論理療法のすすめ (生活人新書) NHK出版

関連項目[編集]

外部リンク[編集]