ロロ・メイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ロロ・メイRollo May, 1909年4月21日 - 1994年10月22日)は、アメリカ合衆国心理学者臨床心理学者であり、アメリカにおける実存心理学の開拓者である。カール・ロジャーズエイブラハム・マズローらと共に人間性心理学を代表する1人と見なされている。

生涯[編集]

オハイオ州エイダに生まれる。両親の離婚、姉妹の精神障害といった困難を抱え、多難な成長期を過ごす。ミシガン州立大学を経てオベリン大学を卒業。ギリシアで教職に就く。ギリシアのアメリカン・カレッジで英語を教える側ら、アルフレッド・アドラーのセミナーに参加するためしばしばウイーンまで出かけた[1]。 1938年、帰国し、ユニオン神学校に入学。神学校で教鞭を取っていたパウル・ティリッヒと出会い、ティリッヒの死に至るまで深い親交を結ぶ[2]。 その後心理学を学ぶため会衆派教会の牧師職を辞しコロンビア大学に入る。 博士号と最初の著作の準備をしていた1940年代中頃、結核のため一年半療養所のベッドで過ごす。その環境で、不安に関するキェルケゴールフロイトの本を熱心に研究したことが初著作『不安の意味』[3]の礎となる[4]。1949年、コロンビア大学教育大学院にて臨床心理学の博士号を取得した。ハリー・スタック・サリヴァンエーリッヒ・フロムらが設立したウィリアム・アランソン・ホワイト精神分析研究所の所員となる[5]。1971年、サンフランシスコの人間性心理学研究所(後にセイブルック大学院、研究センター)をカール・ロジャース、マズローらと共に創設した。
実存分析派の大家として知られ、臨床での活動の側ら、ハーバード大学イェール大学ニューヨーク大学などで教鞭をとった。
『愛と意志』、『自由と運命』などが代表的な著作として知られる。『ロロ・メイ著作集』全6巻が誠信書房から刊行されている。

著作・共編著[編集]

『不安の人間学』 訳-小野 泰博 誠信書房(1963年)(1980年)

『失われし自我を求めて』(ロロ・メイ著作集) 訳-小野 泰博 誠信書房(1970年)

『失われし自己を求めて』 改訳版 訳-小野 泰博 , 小野 和哉 誠信書房(1995年)          

『実存 : 心理学と精神医学の新しい視点』 訳-伊藤 博、浅野 満、吉屋 健治 岩崎学術出版社(1977年)
アーネスト・エンジェルアンリ・エレンベルガーとの共編著) 掲載論文執筆者: ロロ・メイ、アンリ・エレンベルガーウジェーヌ・ミンコフスキーエルヴィン・シュストラウスフォン・ゲープザッテルルートヴィヒ・ビンスワンガーローランド・クーン(邦訳本では分量的制約および既に和訳があるとしてビンスワンガーとクーンの論文は未掲載[7]

  • Existential Psychology(1961) Random House Inc.,New York

『実存心理入門』 ロロ・メイ編/佐藤幸治訳編/誠信書房(1967年)
(1959年度アメリカ心理学会の実存心理学シンポジウムで発表された論文を纏めたもの) ロロ・メイ(前書き、二つの論文)。他:アブラハム・H・マズロー、ハーマン・ファイフェル、カール・R・ロジャース、ゴードン・オールポート。 (邦訳本のみ高山岩男「東西の実存哲学・実存心理学」付録)

『カウンセリングの技術』(精神科学全書 6)  訳-黒川 昭登 岩崎学術出版社(1966年)

『ロロ・メイの新・カウンセリングの技術』 改訂版 訳-黒川 昭登 (1992年)

『愛と意志』(ロロ・メイ著作集) 訳-小野 泰博 誠信書房(1972年)

  • Power and Innocence: A Search for the Sources of Violence (1972), W W Norton 1998 reprint ISBN 0-393-31703-X

『わが内なる暴力』( ロロ・メイ著作集3) 訳-小野 泰博 誠信書房(1980年)

『創造への勇気』(ロロ・メイ著作集4) 訳-小野 泰博 誠信書房(1981年)

『自由と運命』(ロロ・メイ著作集6) 訳-伊東 博、伊東 順子  誠信書房 (1988年)

  • The Discovery of Being: Writings in Existential Psychology (1983), W W Norton 1994 reprint: ISBN 0-393-31240-2

『存在の発見』(ロロ・メイ著作集5)  訳-伊東 博、伊東 順子  誠信書房 (1986年)

『美は世界を救う』 訳-伊東 博  誠信書房(1992年)

『自分さがしの神話』 訳-鈴木 晶 読売新聞社 (1994年)

  • The Psychology of Existence (1995) (with Kirk Schneider), McGraw-Hill ISBN 0-07-041017-8

脚注[編集]

  1. ^ http://mythosandlogos.com/May.html
  2. ^ ティリッヒとメイ:不安の本質の探究 PDF」今井尚生、「ティリッヒの死」野呂芳雄 
  3. ^ 邦訳タイトル『不安の人間学』
  4. ^ 「実存心理入門」p18~19
  5. ^ 『不安の人間学』(原著1950年発行)ロロメイの前書き、訳者序文に依る
  6. ^ 英語版wikipediaのRollo Mayでは1956年となっているが、翻訳本のロロ・メイの序文には「1958年2月 ニューヨークにて」と日付が記されており、訳者あとがきでも Bacic Books, inc.,New York, 1958 となっている.
  7. ^ 省略された論文_ビンスワンガー(現存在分析の創始者)"精神医学における現存在的分析"(みすず書房「現象学的人間学」所収)"イルゼの症例","エレン・ウェストの症例"(みすず書房「精神分裂病 Ⅰ」所収)、ローランド・クーン(1957年、初の三環系抗うつ薬を開発したスイスの精神科医)"The Attempted Murder of a Prostitute"。
  8. ^ 元は1939年に書かれたユニオン神学校の卒業論文.メイ,ロロ(「キリスト教神学のウェブサイト」) >
  9. ^ 神学者パウル・ティリッヒに関する回想録 参考:http://www.amazon.com/Paulus-reminiscences-friendship-Rollo-May/dp/0060655356/ref=pd_cp_b_1/180-2127462-1039208

外部リンク[編集]

ロロ・メイ インタビュー(一部)