アルバート・エリス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

アルバート・エリスAlbert Ellis1913年9月27日 - 2007年7月24日)は、アメリカの臨床心理学者。論理療法(Rational Therapy:RT)の創始者として知られた。アドラー心理学の影響を受け、北米アドラー心理学会の会員でもある。

人物[編集]

1982年のアメリカ心理学会による調査「20世紀に最も影響の大きかった心理療法家」ではカール・ロジャーズに次いで、堂々2位に選ばれた。また、1957年以降、論文への引用頻度でも一位を続けていた。

1959年にニューヨーク州にアルバート・エリス研究所(Albert Ellis Institute)という非営利の研究所を設立し、長年理事長を務め、晩年はアルバート・エリス研究所の名誉所長を務めていた。2005年9月に研究所の理事会に除名され、ニューヨーク州高等裁判所の裁定により復職している。

亡くなるまでに2度来日した。

経歴[編集]

  • 1913年にペンシルベニア州ピッツバーグに生まれ、ニューヨークで育つ。
  • 1934年にニューヨーク市立大学を卒業した。
  • 1943年にコロンビア大学で臨床心理学の修士号を取得した。
  • 1947年に同大学で臨床心理学の博士号の学位を取得した。博士号取得後、カレン・ホーナイ研究所で精神分析の訓練を3年間受け、精神分析家として仕事をしていたが、精神分析の治療の効果と効率の悪さに幻滅し、1953年までには精神分析と決別している。
  • 1955年に心理療法の新しいアプローチとして論理療法(Rational Therapy)を考案した。
  • 1962年に論理療法を論理情動療法/理性感情療法(Rational-Emotive Therapy:RET)と名称を変更した。
  • 1995年に論理情動療法を論理情動行動療法/理性感情行動療法(Rational Emotive Behavior Therapy:REBT)と名称を変更した。
  • 2007年に心臓や腎臓の機能不全のため、ニューヨーク市マンハッタンの自宅において93歳で死去。

主な著書[編集]

  • Ellis, A. (1962) Reason and emotion in psychotherapy.  New York : Lyle Stuart
  • Ellis, A. (1973) Humanistic psychotherapy: The rational-emotive approach. New York : Julian Press
    • (エリスA.(著) 澤田慶輔・橋口英俊(共訳) 1983 人間性主義心理療法:RET入門 東京:サイエンス社)
  • Ellis, A. & Harper, R. A. (1975) A new guide to rational living. New Jersey : Pretice Hall
    • (エリスA.・ハーパーR.A.(著) 北見芳雄(監修) 國分康孝・伊藤順康(共訳) 1984 神経症者とつきあうには:家庭・学校・職場における論理療法 東京:川島書店)
  • Ellis, A. (1975) How to live with a neurotic: At home and at work.  New York : Crown Publishers
    • (エリスA.(著) 國分康孝(監訳) 1984 神経症者とつきあうには:家庭・学校・職場における論理療法 東京:川島書店)
  • Ellis, A. & Dryden, W. (1987) The practice of rational-emotive therapy(RET). New York : Springer Publishing
    • (エリスA.・ドライデンW.(著) 稲松信雄・重久剛・滝沢武久・野口京子・橋口英俊・本明寛(共訳) 1996 REBT入門:理性感情行動療法への招待 東京:実務教育出版)
  • Ellis, A. (1988) How to stubbornly refuse to make yourself miserable about anything-yes,anything!
    • (エリスA.(著) 國分康孝・石隈利紀・國分久子(訳) 1996 どんなことがあっても自分をみじめにしないためには:論理療法のすすめ 東京:川島書店)
  • Ellis, A. (1994) Reason and emotion in psychotherapy: A comprehensive method of treating human disturbances revised and updated. Secaucus : Carol Publishing Group
    • (エリスA.(著) 野口京子(訳) 1999 理性感情行動療法 東京:金子書房)
  • Ellis, A. (1996) Better, deeper, and more enduring brief therapy: The rational emotive bahavior therapy approach. New York : Brunner/Mazel
    • (エリスA.(著) 本明寛・野口京子(監訳) 2000 ブリーフ・セラピー:理性感情行動療法のアプローチ 東京:金子書房)
  • Ellis, A. & Tafrate,R.C. (1998) How to control your anger before it controls you.
    • (A.エリス・R.C.タフレイト(著) 野口京子(訳) 2004 怒りをコントロールできる人、できない人:理性感情行動療法(REBT)による怒りの解決法 東京:金子書房)
  • Ellis, A. (1999) How to make yourself happy and remarkably less disturbable.
    • (エリスA.(著) 斎藤勇(訳) 2000 性格は変えられない、それでも人生は変えられる:エリス博士のセルフ・セラピー 東京:ダイヤモンド社)
  • Ellis, A. & Crawford, T. (2000) Making intimate connections: 7 Guidelines for Great Relationships and Better Communication.
    • (エリスA.・クロフォードT.(著) 斉藤勇(監訳) 栗原紀子(訳) 2002 幸せなカップルになるために:エリス博士の7つのルール 東京:ダイヤモンド社)
  • Ellis, A. & Wilde, J. (2002) Case studies in rational emotive behavior therapy with children and adolescents. Upper Saddle River, N.J. : Merrill Prentice Hall
    • (エリスA.・ワイルドJ.(著) 菅沼憲治・江原勝久(訳) 2005 エリスとワイルドの思春期カウンセリング:事例で読む論理療法 東京:東京書籍)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]