カレン・ホーナイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
カレン・ホーナイ
            精神分析学のシリーズ記事            
精神分析学
photograph

カレン・ホーナイ(Karen Horney, 1885年9月16日 - 1952年12月4日)は、精神科医精神分析家新フロイト派とされる。

精神分析の男性中心的な部分(女児の男根願望など)を批判した。フェミニズムにも影響を与えた。ドイツハンブルク郊外の高級住宅街ブランケネーゼフランドル系オランダ系)の家庭に生まれた。

著作にホーナイ全集全7巻(我妻洋, 安田一郎 編、誠信書房)など。

著作[編集]

  1. 女性の心理 (安田一郎, 我妻洋, 佐々木譲訳、1982年)
  2. 現代の神経症的人格 (我妻洋訳、1973年)
  3. 精神分析の新しい道 (安田一郎訳、1972年)
  4. 自己分析 (霜田静志, 國分康孝訳、1998年)
  5. 心の葛藤 (我妻洋, 佐々木譲訳、1981年)
  6. 神経症と人間の成長 (榎本譲, 丹治竜郎訳、1998年)
  7. 精神分析とは何か (我妻洋, 川口茂雄, 西上裕司訳、1976年)