ヨーゼフ・ブロイアー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Josef Breuer
ヨーゼフ・ブロイアー
履歴書に使用された写真(1877年)
生誕 1842年1月15日
オーストリア帝国の旗 オーストリア帝国ウィーン
死没 1925年6月20日(満83歳没)
オーストリアの旗 オーストリアウィーン
職業 医師、生理学者
著名な実績 ヘーリング・ブロイウェル反射
業績 ヒステリー研究
催眠カタルシス療法

ヨーゼフ・ブロイアー(Josef Breuer、1842年1月15日 - 1925年6月20日)は、オーストリア生理学者、内科医ウィーン生まれ。ヨゼフ、ブロイヤー、ブロイエルの表記もある。

父(Leopold Breuer)は、ユダヤ教ラビ。母親は彼が幼いうちに死去し、8歳まで母方の祖母によって育てられ、父から教育を受けた。

略歴[編集]

  • 1858年、ウィーンのAkademisches Gymnasiumを卒業。ウィーン大学医学部に入学し、1年間在学。
  • 1867年、医学試験に合格し、大学で内科医ヨハン・オッポルツァー(Johann Oppolzer)の助手となる。
  • 1868年、マティルデ・アルトマン(Mathilde Altmann)と結婚し、5人の子供を設ける。
  • 1894年、ウィーン科学アカデミー(Vienna Academy of Science)の特別会員(Corresponding Member)に選出された。

アンナ・O[編集]

ブロイアーは、21歳の女性ヒステリー患者アンナ・O(ベルタ・パッペンハイム(Bertha Pappenheim))に対する治療によって知られている。

彼女は、衰弱、頭痛、視覚障害、感覚喪失、麻痺、意識の途絶、幻覚、言語障害などに苦しんでいた。

ブロイアーは、彼女がそれらの症状について彼に話した後、症状が軽減されるか消えていることに気がついた。アンナは、このことを「談話療法(talking cure)」と呼び、ユーモアを交えて「煙突掃除」とも呼んだ。この形式のセラピーは、以後のフロイトによる精神分析療法の基礎となったとされている。

ブロイアーは親友であり協力者でもあったジークムント・フロイトとともに本件を他の症例とあわせ、1895年に『ヒステリー研究』としてまとめ、出版した。

他の業績[編集]

ウィーンの軍医学校でエヴァルト・ヘリングの下で働き、呼吸迷走神経の関わりを示す最初の研究・報告を行った。

これは吸息時にが伸展すると肺伸展受容器が刺激され、その信号が迷走神経を通って延髄に届くと、吸息が抑制されるというもので、このメカニズムは今日ヘーリング・ブロイエル反射(Hering-Breuer reflex)として知られている。

また、三半規管が身体バランスを維持する機能を確定した。

著作[編集]

  • 『ヒステリー研究』(Studien über Hysterie)ジークムント・フロイトとの共著, 1895年

関連項目[編集]