エヴァルト・ヘリング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
エヴァルト・ヘリング
ヘリング錯視

エヴァルト・ヘリング(Karl Ewald Konstantin Hering, 1834年8月5日 - 1918年1月26日)は、ドイツ生理学者神経科学者ザクセン王国で生まれ、ライプツィヒ大学で学んだ。のちに、プラハ大学の教授に就任した。

ヘリングは色覚についての研究を行ったことで知られ、ヤング=ヘルムホルツの三色説に対し、を加法混合によってが知覚されるのは無理があると考え、反対色説(en:Opponent process)を唱えた。

1861年ヘリング錯視を発表した。1868年にはヨゼフ・ブロイウェルとともにヘーリング・ブロイウェル反射を発表した。

息子にはツェルマク・ヘーリング反射を発見したハインリッヒ・エヴァルト・ヘリング、おじに医師のコンスタンティン・ヘリング、祖父に構成者のカール・ゴットリープ・ヘリングがいる。